SPACEBOYブログ

オムニチャネルマーケティングについて考えるブログ

人工知能で人生をもっと楽しく スペースボーイ株式会社

インバウンド・マーケティング

日本の規模は関係なし!世界のSNSマーケティングはこれから動き出す!

2004年の「Mixi」に始まり、2010年の映画「Social Network」公開ともに爆発的に増えた、ソーシャルメディア・ユーザー。今後、どんどん増えていくとは思いますが、少し前まで学生の「遊び道具」だったFacebookが、今では大企業のお偉いさんたちがネクタイをしめて、真面目な顔をして戦略を練っていると思うと、少し可笑しく思えます。

 

まだFacebookが誕生して10年弱ですが、企業は数千万円単位の資金をソーシャルメディアにつぎ込み顧客獲得に乗り出しています。それにともない、日本のマーケットだけではなく、Facebook以外のプラットフォームも視野に入れて上で、今後のソーシャルメディアについて考えていきましょう。

まだまだ伸びるソーシャルメディア、でも使っているプラットフォーム、年齢にも注目


フェイスブックのユーザーが増加
発展途上国でのSNSユーザーが急激に増加

Chonicleの記事によれば、2016年に世界で一番Facebookユーザーが多いのはインドで、去年から今年にかけてユーザー数が37.6%伸びています。さらに、インドネシアやメキシコなどの国でも同じような伸びを記録しており、日本のFacebookユーザーが首都から地方に広まりつつあるように、世界のFacebookユーザーも、欧米諸国から日本、そして発展途上国へと急速な広がりを見せています。

2013年の"Worldwide Social Network Users:2013 Forecast and Comparative Estimates"によれば、2013年の終わりには世界中の4人に1人はソーシャルメディアを使ってコミュニケーションを取り、2017年までにソーシャルメディアを使う人口は25億5000万人まで増えるだろうと予測しています。

 

発展途上国ではFacebookを中心にユーザー数がどんどん拡大していますが、先進国(特に欧米の国々)では少し違う動きを見せているようです。欧米ではPinterestとTumblrが12ヶ月間で88%と74%と成長しており、TwitterやLinkedInが40%のユーザー増加を記録しております。

tumblr_タンブラー
自由にカスタマイズ可能なタンブラー

ピンタレスト_pinterest
美しいビジュアル重視のピンタレスト

 

さらに欧米ではソーシャルメディアでコミュニケーションを取るは当たり前になりましたが、現在一番ユーザー数が伸びている年齢層は55歳〜64歳で、さらにLinkedInはソーシャルメディアを使ってリアルなビジネスに繋げたい、年齢層が少し高めの人に人気のようです。

海外でのソーシャルユーザーの伸び


よく、いろいろな企業を回っていると、「海外の国では、ソーシャルマーケティングが盛んなのは分かったけど、でも同じような"公式"が日本に当てはまるか分からないじゃないか」と言われることがあります。確かにそのような懸念点は多少ありますが、現在ではインターネットで「情報」が一斉に広がり、「人々」も国境を超えてどんどん動き回る中で、「日本の市場」や「日本のユーザー数」だけに目を光らせるのではなく、「世界規模の市場」ですべてを考えなければいけません。

世界のフェイスブックユーザー
エジプトではSNSが国全体を動かしました。

そして、仮に今後(2013年11月現在)、日本でFacebookなどのユーザー数がどんどん減っていったとしても、日本企業は新たな市場を求めてどんどん海外に出て行く必要があります。21世紀はアジアの世紀と言われており、アジアの人はPCではなくスマホから使い始めます。2013年、アジアのスマホ成長率は74.1%で、多くの人がFacebookなどのSNSを使い、コミュニケーションを取っています。

 

中国ではFacebookが政府によってブロックされているのにも関わらず9500万人のユーザー、インドは6800万人、そしてブラジルでは4200万人と、このすべてのユーザーを合わせただけでも、アメリカのFacebookユーザー(約一億人)の2倍の規模になります。
インド_フェイスブックユーザー
世界のSNS市場は「これから」動き出す。

今後、どこの海外の市場を行っても、SNSを使って、市場調査をしたりマーケティングをしてユーザーを囲いこむことになります。日本の数字だけに目が行ってしまいがちですが、今までもこれからも世界の「動き」によって、日本のユーザー数や、マーケティングのトレンドが変化していくのです。

まとめ


フェイスブック

少し前までは、海外のSNSユーザーが増えようが、FacebookやTwitter以外のプラットフォームが成長しようがあまり関係ありませんでした。しかし、現在ではSNSのプラットフォーム内でユーザーの奪い合いが激しくなってきており、毎年、もしくは毎月のように新しいSNSプラットフォームが登場しています。

 

さらにそのプラットフォームは、インターネットに載せて一瞬で世界に広がってしまう世の中になりました。日本の市場だけではなく、世界の市場にしっかり目を向けることで、日本だけのガラパゴス情報に惑わされず、SNSの本質を見極められるようになるのではないでしょうか。

自分が100%コントロールできる、メディアを作ろう

ソーシャルメディア、リスティング、DSP広告など、現在では様々な方法で集客をすることができます。Facebook広告、Google広告、そしてDSP広告ともに非常に効果的なのですが、GoogleやFacebookの状況によってその効果が変わってきます。例えば、現在Facebookは、ユーザー数も伸びていて、経営も良好ですが、いつ経営が悪化し、経営状態が悪くなるか分かりません。

 

Facebookを使うユーザーが減ってしまっては、せっかく集めた「いいね!」の意味がなくなってしまいます。さらにFacebookの中のプラットフォームでは、どれだけFacebookページに「いいね!」を持っていようと、「Facebook社」がオーナーであり、Facebookページはあなたの所有物ではありません。特にリスク回避をするという意味ではありませんが、今後、小さなスタートアップがどんどん新しいサービスを作り、その中でユーザーの奪い合いになります。

そのために、どんなメディアにも邪魔をされない自分だけのメディア、いわえる「オンドメディア」を作る必要があるのではないでしょうか。

まず、「オンドメディア」とはなんぞね?


オウンドメディア
まずはオンドメディアをしっかり理解しましょう。


Webマーケティングをしていくなかで、「メディア」というと大きく分けて3つあります。オンドメディア(Owned Media)アーンドメディア(Earned Media)そして、ペイドメディア(Paid Media)です。

Owned Media


まず、オンドメディアとは、自分でユーザーをコントロールできるプラットフォームのことで、例えば、自分自身のブログ、Facebookページ、もしくは自分のYoutubeチャンネルなどがこの中に含まれます。

基本的に「オンドメディア」とは何か良いコンテンツ(あなたが自社の商品やサービスについて書いた記事)を経由してコンバージョンに結びつける自社メディアのことを指します。

「オンドメディア」はこのあとご紹介する、「アーンドメディア」や「ペイドメディア」に比べて集客コストは圧倒的に安くなりますが、ユーザーからの信頼を得たり、「価値」のあるサイトだと思われるまで、投資し続けなければなりません。

Paid Media


「ペイドメディア」は簡単に言えば、「お金を払ってユーザーや顧客」を獲得するメディアで、メインとなるのは「広告」です。お金を払うので短期間でユーザーを自分のサイトに誘導できますが、広告をストップしてしまうと、ユーザーが突然いなくなってしまう可能性があります。

Earned Media


「アーンドメディア」を簡単に説明すると、顧客やユーザーがあなたの商品やサービスについて、コミュニケーションを取る場所のことを指します。あなたの商品やサービスの「口コミ」というのが一番分かりやすいのかもしれませんが、場合によっては、ネガティブな情報が広がってしまう場合があり、それを自分ではコントロールすることができないので、気を付ける必要があります。

参考: 「3 Media Types that Influence your Bottom Line」 「WHAT IS EARNED , OWNED & PAID MEDIA? THE DIFFERENCE EXPLAINED」「Your Content Strategy: Defining Paid, Owned and Earned Media」

「オンドメディア」を中心にすべてのメディアをうまく使う-コンバートメディア


オウンドメディア
すべてをうまく使いレバレッジをかける。


では、「オンドメディア」を作るために、サーバーをレンタルし、そこにワードプレスを入れて、コンテンツをどんどん上げてWebマーケティングを始めました。しかし、あなたが有名人であったり、その業界で知られた人でなければ、この情報がありふれた世の中では、誰もあなたのブログを読んではくれません。そこで、自分自身が100%コントロールできるメディア、「オンドメディア」にユーザーを集めるために、「ペイドメディア」や「アーンドメディア」をうまく活用します。

 

例えば、Facebookページを作成し、Facebook広告(月に数万円程度)を使ってユーザーを集客し、そのユーザーをあなたのホームページ(オンドメディア)に連れていきます。なぜなら、いくらあなたが良い情報発信をしていても、「知って」もらえなければ意味がありません。まずは、「知って」もらうとこと、そしてあなたのブログを定期的に覗いてくれるようにすることが重要なのです。

 

Googleの自然検索で上がってくるのを待つのもひとつの手ですが、私の経験上、誰を見てくれていない中で、クォリティーの高いブログを書き続けるのは、正直結構シンドイです。多少誰かに見られている感があるからこそ、モチベーションが上がるのではないでしょうか。

参考:「Your Content Strategy: Defining Paid, Owned and Earned Media」

まとめ


まずはすべての「メディア」の特性を理解し、最初の内は平行して使っていくの良いでしょう。オンドメディアやアーンドメディアにユーザーが集まってきたら、ペイドメディアを少しずつ減らしていきます。最初はどんな良いコンテンツを作っても、なかなかネット上で見つけてもらえませんが、その際は投資だと思って資金を使いユーザーを自社のサイトに誘導しましょう。

Wishpond:海外のWebアプリを使うことで上がる生産性

日本ではソーシャルメディアやWebプロモーションの需要がどんどん高まってきていて、外部のアプリを導入してプロモーションを行うことも多くなってきました。そのためか、日本でもキャンペーンアプリの開発がどんどん進んでいますが、日本市場のみをターゲットにしたアプリがほとんどです。

そのためアプリを使う人が全体的に少なくなってしまい、値段が高くなります。例えば、WishpondというカナダのWebプロモーションアプリがあるのですが、値段が格段に安く、使い勝手もものすごく良いです。

英語アレルギーは卒業しよう


英語アレルギー_改善
日本人の英語アレルギーが海外サービスを使う弊害になっている。


インターネットで海外の商品を買うことは少し前でもできました。さらに今ではインターネットで海外のサービスを探して、Webサービスであればダウンロードしてそのまま使うことができます。確かに日本でも同じようなサービスはありますが、海外の方が、値段が圧倒的に高いですし、欧米のwebサービスの方が機能性が高いことがほとんどです。

 

例えば、ソーシャルアプリでも、日本にはモニプラ(1キャンペーン80万程度)ガイアックス(月額利用料:15万円程度)などいくつかのアプリがありますが、ある程度の予算が組める大手企業ならまだしも、月に数万円しかWebプロモーションに予算を使えない中小企業ではとてもではないですが手を出せません。それに比べて、今回わたしが見つけたカナダの「Wishpond」というソーシャルアプリは、多少プランによっても値段が違いますが、月額3,000円〜5,000円程度と日本のアプリとは比べものにならないくらい安いです。

これだけのサービスを「英語アレルギー」というだけで使わないのは絶対にもったいないです。

Wishpond:値段だけではなく、クオリティーも日本のサービスより上


wishpond
カナダに本社を置くWishpond社


Webサービス全体に言えることかもしれませんが、「クオリティー」は海外のサービスの方格段に良い気がします。特に今回のWishpondに関しては、「デザイン性」「値段」「機能」どれを取っても日本ソーシャルアプリケーションより良いです。さらにWishpondはソーシャルメディアやホームページ、そしてブログなどほとんどのプラットフォームに対応していますが、1人のユーザーから問い合わせをもらうのにかかる費用(Cost per lead)は10セント〜40セント(約10円〜40円)です。

もちろん、この数字はWishpondの本社が公式に公表している数字で、海外と日本では多少の誤差はあるかもしれませんが、費用対効果が高いのは確かです。

参考: 「Wishpond公式ホームページ」

Wishpond:フェイスブック以外のプラットフォームにもしっかりと目を向ける


ニューヨークタイムズ フェイスブック
アメリカでは若者にフェイスブック離れが懸念されている。


2013年11月現在、フェイスブックもやっとビジネスに浸透し始めて、多くの日本企業が「いいね!」を獲得するために、たくさんの資金を使っていますが、2013年11月16日付けのニューヨーク・タイムズによれば、アメリカでは若者がどんどんフェイスブックから離れていっているという記事がのっています。

 

もちろん、海外と日本の事情が違うこともあったり、まだまだ今後の見解は未定なところもありますが、おそらくフェイスブックだけが独占的なプラットフォームを維持することは難しくなってきます。今後のWebマーケティングはHubspot社が推奨するような、ブログ、ソーシャルメディア、ウェブセミナーそしてポットキャストなど、すべてをうまく使ってマーケティングしていく方向にどんどんシフトしていきます。そのような意味でもWishpondは非常に使いがってがよく、今後Webマーケティングを良く理解して作られたアプリケーションだと私は思います。

まずは英語アレルギーを治療して、「新しいツール」をどんどん使っていく勇気を持つことが大切ですね。

参考:「Still on Facebook, but Finding Less to Like」

まとめ


もっと色々と調べてみれば分かりますが、海外(ほどんどアメリカ)には日本よりもクオリティーが良く、値段が安いソーシャルアプリやツールがたくさんあります。日本の製品は営業にコストをかけ過ぎているので値段が上がってしまい、クオリティーに関しては最先端のアメリカのモノには敵いません。他社より一歩先に行くために、まず英語アレルギーを克服し、2,3年遅れた日本のサービスを使うのではなく、最先端のサービスを使いましょう。

インバウンド・マーケティングの方が62%、顧客獲得単価が安い。

まだまだ日本には(もしかしたら欧米にも)、「1日何件電話をかける」というノルマを与えている会社が多いようです。私自身、飛び込み営業から、電話営業までひと通りの営業経験はありますが、「プッシュ型の営業」はやはりあまり楽しい仕事ではありません。
もしかすると、ひと昔まではよかったのかもしれません。インターネットが普及しておらず、何をやるにしても「情報」が不足していました。

 

なので、場合によっては、営業マンの話しを聞いてみたり、ダイレクトメールに目を通すことをあったのではないでしょうか。しかし、今の時代、グーグルで検索をすれば大体のことは分かります。

欧米の調査では、インバウンド・マーケティングで集客する方が、アウトバウント・マーケティングで集客するよりも、「顧客単価」が62%(!)も安かったそうです。

伝統的なアウト・バウントマーケティングとは何か?


インバウンド・マーケティング

少し言い方が悪いかもしれませんが、アメリカの「Mashable」というサイトは、アウトバウント・マーケティングを次のようの定義しています。

 

"Old marketing is anything that pushes  products or service on customers"

「伝統的なマーケティングは、商品やサービスなら、なんでも顧客に進めるためのものです。」

 

基本的にはアウトバンドマーケティングには、テレビコマーシャル、ダイレクトメール、そして電話営業などのマーケティング手法が含まれますが、大きくまとめると「お客さんの邪魔をするマーケティング」です。

なぜなら、

・44%のダイレクトメールは一度も開封されず、捨てられます。これだけでもどれだけの資源を無駄にしているのでしょうか。

・86%のテレビCMは見られていません。

・25歳〜35歳の84%が、押し付けるられるような広告によって、特に興味のないウェブサイトをクリックしてしまったと答えています。

 

大企業であれば、日本中の顧客に自社のサービスを宣伝するために、伝統的なアウトバウント・マーケティングを使うことで、費用対効果は十分出せるかもしれませんが、特に中小企業の場合、広告などにお金をかけても集客が保証されているわけではありません。

参考:▼「Inbound Marketing vs. Outbound Marketing」▼ ▼「Inbound Marketing vs Outbound Marketing: Understanding the Differences」▼

21世紀は間違えなく、インバウンド・マーケティング


インバウンド・マーケティング

インバウンド・マーケティングはこちらのブログでも何度かご説明していますが、ブログやSNS、さらにはポットキャストなどを使いインターネット上から「問い合わせ」をもらうための「マーケティング手法」です。「Marketing Sherpa」というサイトの調査によれば、アメリカでは去年83%の企業がインバウンドを始めて、64%の企業が効果を出していると解答しています。

 

確かに「テレアポ」や「ダイレクトメール」が悪いとは言いませんが、一番重要なのは、「Voltier Digital」というところの調査で分かったように、インバウンド・マーケティングの方がアウトバンド・マーケティングに比べて、62%も顧客獲得単価が安いことが分かりました。

アウトバウント・マーケティングは一方通行で、「販売したら終わり」みたいことが多いですが、インバウンド・マーケティングはインターネット上でユーザーを楽しませ、教育して、あなたサービスや商品の「本当の価値」が分かったところで、「お問い合わせ」をもらうというマーケティング手法です。

参考:▼「Inbound Marketing vs. Outbound Marketing」▼ ▼「What Is Inbound Marketing? Good Question That We’ll Answer Now. - Business 2 Community」▼

「プッシュ型」の営業を辞めて集客コストを下げよう


インバウンド・マーケティング_コスト削減

アメリカではウェブのアプリケーションが数十ドルでダウンロードできます。日本にも同じようなアプリがありますが、数十万円します。しかも機能的には、アメリカのアプリの方が機能もデザインを断然良いです。でも日本のアプリケーションはなぜ、ここまで値段が高いのでしょうか?それは、「プッシュ型の営業」がメインになってしまっていて、営業マンを雇うのにコストがかかり、アプリケーション自体の値段も上がってしまうのです。

 

確かにいきなり、「プッシュ型」の営業を完全に止めるのは勇気が入りますが、少しずつインバウンド・マーケティングに移行していくことで確実に集客コストを下げることができるのではないでしょうか。

まとめ


すでにマーケティングの先進国アメリカでは、ほとんどのマーケターが、インバウンド・マーケティングを使い、毎年使う予算を増やしています。日本はまだほとんどの企業が従来の「プッシュ型の営業」に頼っています。短期的に考えれば、すぐに結果が出る「プッシュ型の営業」の方が効率が良いですが、長期的に考えればインバウンド・マーケティングの方が明らかに集客コストが安いです。いきなり予算をすべて、インバウンド・マーケティングにつぎ込むのは少し難しいかもしれませんが、少しずつ予算を移行していくことで、どんどん集客コストを落とすことができるのではないでしょうか。