SPACEBOYブログ

オムニチャネルマーケティングについて考えるブログ

人工知能で人生をもっと楽しく スペースボーイ株式会社

ライフハック

Instagramの運命を変えた! 月額5万円の投資がもたらした1000億円のリターン

2005年、秋、ニューヨーク

世界の文化の中心であり、人種のるつぼであるこの街から、いままで数えきれほどの新しいアイデアや文化が生まれて、世界中に広がっていきました。

2005年10月、オレゴン州のポートランドを出発した僕は、約3日間かけて電車でニューヨークに向かいました。それは、20歳の誕生日を迎える、ちょうど2週間前のことでした。

6a00d83452408569e2014e8adb9fb1970d_Fotor

ニューヨーク:世界の文化の中心

なぜ僕は、こんな昔話をしているのでしょうか。年末のオススメ旅行プランを書きたいわけでありません。僕が書きたいのはなぜ日本企業からなかなか新しいアイデアが生まれてこないのかということなのです。

最近、日本でもコーワキングスペースというものが注目を集めています。俗に言う、シェアオフィスですが、ただ場所を共有するだけではなく、「思想」を共有し、全く異業種の人たちが同じ場所で働くことで、脳の様々な場所が刺激され、イノベーションが起こりやすくなるということが様々なリサーチによって証明されています。

コーワキングスペース

Global Deskmag Surveyという調査によれば、コーワキングスペースで仕事をし始めたことで、71%の人がクリエイティブなアイデアを生み出しやすくなったと答えており、なんと約90%の人が自分に自信を持てるようになったと答えています。

従業員が集まるオフィスはもういらない、「クリエティビティー」が集まるオフィスが必要


コーワキング スペース
もう、会社名を名乗る必要はない。しっかりと自分の「名前」を名乗ろう。

ジェイソン・フリードさんがTED TALKSでスピーチした内容によれば、集中して仕事ができる環境は人によって異なり、早朝や夜中など時間帯を重要視する人が多く、場所に関してはカフェや電車の中などそれぞれだったそうです。しかし、驚くことにジェイソンさんが調査した中では、「会社のオフィスが一番集中できる」と答えた人は誰一人といなかったそうです。

若者の文化をリサーチする会社を経営して、現在はコーワキングスペースで仕事をしているSharon Ann Leeさんは次のように話しています。

 

「(オフィスで働いている頃を思い出して)オフィスに行くのは本当に怖かったわ。仕事を終わらせることばかり考えてた。本当に"仕事"だけだったのよ。」

 

「私は色々な人のアイデアが偶然交じり合う瞬間が大好きなの。(オフィスに行くことと比べて)コーワキングスペースに行くことはスポーツジムに行くみたいなものね。」
コーワキングスペース
Sharon Ann Leeさんが経営するコーワキングスペース、Jellyfish Cartel

コーワキングスペースが広がりつつあるのは大きな時代の変化のように思います。高度成長期を経て日本は欧米の国に追いつき、今まではアメリカやヨーロッパの真似をとりあえずしていれば大丈夫でした。

しかし、今は違います。アメリカやヨーロッパの真似をした仕事はどんどんアジアの諸国に流れていき、先進国の仲間入りを果たした日本は、新しいモノを生み出すことに集中しなければなりません。

コーワキング
ジェイソン・フリードさん:生産性の悪いオフィスに、なんで1日8時間も居るの?

コーワキングスペースでは、いろいろな業種の人たちが仕事をしています。あなたの横に座っている人は、もしかするとあなたのお客さんになるかもしれないし、あなたに的確なアドバイスをくれる経験者かもしれません。

多様性の中に身をおくことが、クリエティビティーを生み出す鍵


instagram コーワキング スペース
Instagramも月額5万円でコーワキングスペースで仕事をしていた。2012年、Facebookに約1000億円で買収される。

Amazon、Twitter、そしてGoogleでさえも社外に従業員が仕事できるスペースを確保しています。クリエイティブな人たち(エンジニアやライター、思想家など)は、一人で集中できる場所と時間を必ず確保しています。僕も経験上分かるのですが、クリエイティブな人たちに囲まれながら仕事をすると、自分の中にも自然とインスピレーションが湧き、今まで思いつかなかったフレーズやキーワードがどんどん湧いてきます。

冒頭でニューヨークは人種のるつぼと言いましたが、コーワキングスペースは、まさに職種のるつぼなのです。同じような業種の人と人脈を作ることも大切ですが、まったく違う業種の人と意見を交換することで、今まで考えても見なかった角度から物事を考えることができるのです。

コーワキングスペース
人種のるつぼから

コーワキングスペース
職種のるつぼへ

一代でユニクロを築き上げた柳井正さんは「僕はファション業界のことなど、さっぱり分からなかった。だからイノベーションを起こすことができたんだ。」と言っています。

かのスティーブ・ジョブズも「コンピューター」と「芸術」も融合させ、誰も惚れぼれしてしまうコンピューターを作り上げました。孫正義さんがジョブズのことを「現代のレオナルド・ダ・ビンチだ」と言ったのも、ジョブズがコンピューターには全く関係ない芸術分野とコンピューターを融合させたからではないでしょうか。

iphone 芸術
もうテクノロジーというよりは、芸術である。

まとめ


コーワキング スペース
さぁ、オフィスの解約の手続きをしよう。

僕は今、この記事を渋谷ヒカリエ内にある「Creative Lounge Mov」というコーワキング・スペースで書いています。

床に座りこんで仕事をしている人もいれば、ソファーに横になりながらコーディングしている人もいます。人種のるつぼであるニューヨークでイノベーションが起こるように、ビジネスでイノベーションを起こすためには、職種のるつぼであるコーワキング・スペースで仕事することが当たり前になってくるのかもしれません。

クリエイティブ ラウンジ モブ
渋谷ヒカリエ内にある、Creative Lounge Mov

中学生や高校生の頃を思い出して下さい。周りにもっと色々な考えを持った人がいたのではないでしょうか。しかし、いつも同じ人としか関わらない日常に慣れてしまったあなたは、イノベーターマインドを忘れてしまったのかもしれません。

もしそうなのであれば、行く場所は2つ。ニューヨークもしくは渋谷ヒカリエだ。

SPACEBOY株式会社 Twitter 

Facebookユーザー数を100万人から11億人にした、初代CEOショーン・パーカーの一言「更新して!」

あなたがFacebookファンページを運営して場合、1日何回、ページに行って「いいね!」数を確認するだろうか?

あなたがWebマーケッターだったら1日何回、グーグルアナリティクスをチェックしてアクセス数を確認するだろう。少なくても私は1日10回以上スマホからアクセスしている。

グーグル アナリティクス
私は1日10回以上、アナリティクスを見ている。

「だって仕方がないでしょ?それが仕事なんだし、アクセス数が増えることでモチベーションが上がるんだから。」

そう、あなたは正しい。ブロガーやライターさんに取って、一番モチベーションが上がるのは、「たくさんの人に見てもらえた」という達成感であり、社長や営業マンがエクセルファイルか何かで、売上や利益を細かく管理するのもそれに似たようなものがあります。

グーグル・アナリティクス
数字はあなたを笑顔にする。

まだ日本で制作している会社はないように思いますが、アメリカやヨーロッパのベンチャー企業が、売上やアクセス数をすべて透明化させて、会社のディスプレイに表示させるアプリケーションを急ピッチで開発しています。

会社に訪問したクライアントがみんな揃って、「クール!」っていうんだ!


gecksboard
常に最新の情報をディスプレイに表示させておく。

Facebookの創業期をモチーフにした映画、「ソーシャル・ネットワーク」の中で、ザッカーバーグさんのパートナーであったショーン・パーカーさんが、Facebook社内にある、巨大スクリーンに向かって

 

「Refresh!Refresh!」(更新して!更新して!)
と叫んでいるシーンがあります。

photo-47_Fotor

「更新して!更新して」と叫ぶ、ショーン・パーカーさん

そしてその瞬間、Facebookのユーザーが100万人を超えて、みんなシャンペンをあけて喜ぶのですが、これほど従業員が達成感を感じる瞬間はありません。

現在、アメリカではスタートアップ、大手企業を問わずこのようなスクリーンを用意して、従業員のモチベーションを上げている企業が多いです。

Facebookのユーザーが100万人突破


達成感をリアルタイムで味わう。

Geckboardというアプリケーションを使って、自社のサイトの情報をオフィスの巨大スクリーンで常に表示させている、ある企業の社員はこのように話します。

"オフィスを訪れた人が急に止まって、「何これ!初めて見たよ!クール!」って言うんです。そしてその場に立ち止まって数分間、その画面を見てから、話し始めるんです。これは素晴らしいですよ!"

アプリによって表示させることができる情報が異なります。

geckboard
来訪した人の注目を集める。

Ducksboard (スペインのベンチャー企業)


twilio-post-image_Fotor
Ducksboard:見やすいシンプルなディスプレイ。

シンプルにウィジェットをドラック&ドロップして組み立てていくので、結構使い勝手が良さそうです。30日間のお試し期間もあるので、とりあず面白そうだから使ってみようと思っている方にはベストなのではないでしょうか。

 

連結アプリ:Facebook,Twitter,foursquare,Google Analytics, Google Adwords, Youtubeなどなど。くわしくはこちら
duckboard
メジャーなアプリには基本的に対応しているDucksboard

duckboard
Ducksboard:値段は16ドルから129ドル

Geckoboard(ロンドンのベンチャー企業)


geckoboard
Geckoboard:イギリスらしいクールなデザイン。

 

gecksboard
Geckoboard:ユーザーマップも確認できる。

 

こちらはDucksboardと同じようにメジャーなプラットフォームには対応していますが、Amazon CloudWatch,Paypal,Salesforceなど、対応しているサイトが多いように感じます。くわしくはこちら

ちなみにこのGeckoboardという会社は、シリコンバレーの500startupsが出資していたり、Guardianが選ぶ、ロンドンで最も熱いスタートアップカンパニー20社に選ばれています。TechCrunchの記事によれば、GeckoboardはHootSuiteにも迫る勢いだということなので、今後、成長が期待できるかもしれません。

geckoboard
Geckoboard:AmazonやPaypalにも対応

geckoboard
Geckoboard:値段は17ドル〜889ドルと幅広い

geckoboard
Geckoboard:日本人の方も制作メンバーの中にいました。親近感が湧きます。

Cyfe(アメリカのベンチャー企業)


cyfe
Cyfe:InstagramやPinteresにも対応。

ウェブサイトによれば、現在世界で40,000社の企業に導入されているそうです。

PDFやエクセルのファイルにエクスポートができるそうで、データ分析をまとめてしたい企業にはオススメかもしれません。メジャーのプラットフォームはもちろん使えますが、Instagram、Pinteres、そしてiTuneも連動できるところがアメリカの企業の強みかもしれません。

cyfe
Cyfe:InstagramやPinterestにも対応

cyfe
Cyfe:無料で使えるプランと月額19ドルのプレミアムプランがあるようです。

データを常に表示しておくことで、瞬間的な対応を


gecksboard
常に表示しておくことで瞬間的な対応を

私は常にデータを社内の大きいスクリーンに表示しておくことは、ある意味、時計と同じ役割ではないかと思ってます。社内には時計があります。お昼に行く時間、会議の時間、そしてクライアント訪問の時間、多分あなたは時計の時間を中心に行動しているのではないでしょうか。多分、仕事上のデータも同じで、時間と同じぐらい常に気にしていなければいけないものなのです。

geckboard
常に表示していくことで、「うぬぼれ」を防ぐ。

ロンドンでGeckboardを導入しているCrunchという企業は次のように話します。

"私たちは常に必要な情報をスクリーンに表示しておくことで、「うぬぼれ」を防ぎます。例えば、あなたのサイトに毎月500,000PVのアクセスがあっても、コンバージョン率を同時にしっかりとチャックしておかなければ意味がありません。グラフは「突然の変化」に気づくことに非常に効果的です。私たちはTwitter経由で顧客の意見が届く前に、データで問題を解決していきます。"

最近ではLineなども、ユーザー数を大きなスクリーンに表示させて、従業員のモチベーションを上げています。まだまだ、このような「透明性」を意識してガラス張りの経営をしている企業が日本では少ない分、社外に対しての良いアピールになるのではないでしょうか。

line ヒカリエ オフィス
Lineの渋谷ヒカリエオフィス

 

まとめ


geckboard
さぁ、何も隠さず、すべてを表示しよう。

アマゾンの創業者、ジェフ・ベゾス氏は同業他社よりも10%、クォリティーを上げることで大半の顧客を獲得できることに気づきました。

今回の主要データをディスプレイに常に表示しておくというのも、もしかすると同じことなのかもしれません。従業員のモチベーションをちょっと上げる、クライアントがオフィスに来た時に、「おっ」っと思う、このような小さい満足度を満たしていくことが、あなたの会社のブランドを作り、人々を引きつけるようにするのではないでしょうか。

SPACEBOY株式会社 Twitter 

最先端IT企業に学ぶ、「社員満足度」を「生産性」に変える方法

「どのように働くか」もしくは、「どのような職場にしていくか」というのは、従業員、もしくは経営者の方にとっては永遠の問題であり、工業時代で右肩上がりの経済が終わった日本では、「職場環境」によって、「生産性」が大きく変化します。

最近では「フレックス出勤」や「ノマドワーク」など、ある程度時間を拘束せずに働くことができる職場環境を整えている企業も増えてきましたが、まだまだとりあず、9時〜18時という「時間」を束縛して、生産性を考慮していない企業が多いようです。

今回は、「グーグル」、「フェイスブック」そして、「ザッポス」と最も働きがいがある企業に毎年選ばれる企業に焦点を当てて調べてみました。

「社員の満足度」=「生産性」



フレックス出勤


「グーグル社」と「フェイスブック社」に共通していることですが、労働時間という観点で社員を管理していません。基本的にはフレックス出勤で、自宅で仕事をする従業員も多いようです。以前、博報堂の方か聞いたのですが、基本クリエイティブな仕事をする人はプロジェクト単位で動くため、特に出勤時間など決まっていないそうです。

職場環境を「最高」にする


ご存知の方も多いとは思いますが、「グーグル社」や「フェイスブック社」の食堂のクオリティーがハンパではありません。世界中のヘルシーな料理が並ぶのは勿論ですが、さらにグーグルは戦略的に動いていて、豪華な食事を食べるために社員が食堂に並びます。その時に、社員同士がお喋りをすることで、新しいアイデアが生まれるように仕向けています。

グーグル_食堂
Google食堂で食べられるシリアル


グーグルのディレクターのDan Cobleyさんは次のように答えています。

 

「社員同士がお喋りをすることで、お喋りがアイデアになります。そしてそのアイデアがプロジェクトになるのです。」

 

フェイスブック社では、会社が自分の机を飾るために予算を用意してくれたり、社内でのふすまを一切無くすことで、社員同士がコミュニケーションを取りやすいようにしています。

フェイスブック_オフィス
フェイスブック社の様子



昔、ビル・ゲイツさんが大学のキャンパスのようなオフィスを作りたいと言っていましたが、社員を満足させると生産性が上がるというのは、現在の「グーグル社」や「フェイスブック社」を見ていると、それが正しいことが良く分かりますね。

企業の「文化」が会社の「強み」を作る


ザッポス_文化
個性溢れるザッポスの社員


最近では、多くのモノやサービスをインターネットで購入することができ、一回も対面でお客さんと会わずにすべて完了するサービスも増えてきました。

「ザッポス」のサービスがその典型的な例ですが、すべてがインターネット上で行われ、対面でお客さんと会うことが一度もない場合、「会社の文化」をしっかりと持ち、それをしっかりと外に伝えていくことが大切になります。

 

例えば「ザッポス」では、長時間の電話対応(今までの最高記録は9時間)や、通常数日かかる発送を翌日配達にしてお客を驚かせたりと、常にお客さんを"WoW"と言わせる「サービス」が有名ですが、その「"WoW"と言わせるサービス」を作るために、「ありのままの自分でいる」という企業文化を大事にしています。CEOのTony Hsiehさんは次のように述べています。

 

"多くの人が週末と社内ではまったく違う人間を演じています。一番重要である「個性」を家に置いてきてしまっている。私たちの会社では従業員は家でも社内でもまったく同じ人間であってほしい。"

ザッポス_企業文化
CEOのTony Hsieh


Tony Hsiehさんはハーバード大学在学中に、「LinkExchange」というサービスを立ち上げて、マイクロソフト社に265億円で売却しました。しかし、働き詰めの生活に疲れて、「毎日オフィスに行くのが楽しみな会社」を作ろと決意し、ザッポスを作ったそうです。


まとめ


歴史ある大手企業のように、上から下まで「会社の文化」で染め上げることもできますが、現在世界をリードをIT企業の「文化」は全く逆の傾向が見られます。企業が「個性」を出しやすい環境をしっかりと作り上げて、「個人」が個性を謳歌し、それが自然と一つにまとまることで、「企業文化」として現われてくるのではないでしょうか。