日本ではソーシャルメディアやWebプロモーションの需要がどんどん高まってきていて、外部のアプリを導入してプロモーションを行うことも多くなってきました。そのためか、日本でもキャンペーンアプリの開発がどんどん進んでいますが、日本市場のみをターゲットにしたアプリがほとんどです。

そのためアプリを使う人が全体的に少なくなってしまい、値段が高くなります。例えば、WishpondというカナダのWebプロモーションアプリがあるのですが、値段が格段に安く、使い勝手もものすごく良いです。

英語アレルギーは卒業しよう


英語アレルギー_改善
日本人の英語アレルギーが海外サービスを使う弊害になっている。


インターネットで海外の商品を買うことは少し前でもできました。さらに今ではインターネットで海外のサービスを探して、Webサービスであればダウンロードしてそのまま使うことができます。確かに日本でも同じようなサービスはありますが、海外の方が、値段が圧倒的に高いですし、欧米のwebサービスの方が機能性が高いことがほとんどです。

 

例えば、ソーシャルアプリでも、日本にはモニプラ(1キャンペーン80万程度)ガイアックス(月額利用料:15万円程度)などいくつかのアプリがありますが、ある程度の予算が組める大手企業ならまだしも、月に数万円しかWebプロモーションに予算を使えない中小企業ではとてもではないですが手を出せません。それに比べて、今回わたしが見つけたカナダの「Wishpond」というソーシャルアプリは、多少プランによっても値段が違いますが、月額3,000円〜5,000円程度と日本のアプリとは比べものにならないくらい安いです。

これだけのサービスを「英語アレルギー」というだけで使わないのは絶対にもったいないです。

Wishpond:値段だけではなく、クオリティーも日本のサービスより上


wishpond
カナダに本社を置くWishpond社


Webサービス全体に言えることかもしれませんが、「クオリティー」は海外のサービスの方格段に良い気がします。特に今回のWishpondに関しては、「デザイン性」「値段」「機能」どれを取っても日本ソーシャルアプリケーションより良いです。さらにWishpondはソーシャルメディアやホームページ、そしてブログなどほとんどのプラットフォームに対応していますが、1人のユーザーから問い合わせをもらうのにかかる費用(Cost per lead)は10セント〜40セント(約10円〜40円)です。

もちろん、この数字はWishpondの本社が公式に公表している数字で、海外と日本では多少の誤差はあるかもしれませんが、費用対効果が高いのは確かです。

参考: 「Wishpond公式ホームページ」

Wishpond:フェイスブック以外のプラットフォームにもしっかりと目を向ける


ニューヨークタイムズ フェイスブック
アメリカでは若者にフェイスブック離れが懸念されている。


2013年11月現在、フェイスブックもやっとビジネスに浸透し始めて、多くの日本企業が「いいね!」を獲得するために、たくさんの資金を使っていますが、2013年11月16日付けのニューヨーク・タイムズによれば、アメリカでは若者がどんどんフェイスブックから離れていっているという記事がのっています。

 

もちろん、海外と日本の事情が違うこともあったり、まだまだ今後の見解は未定なところもありますが、おそらくフェイスブックだけが独占的なプラットフォームを維持することは難しくなってきます。今後のWebマーケティングはHubspot社が推奨するような、ブログ、ソーシャルメディア、ウェブセミナーそしてポットキャストなど、すべてをうまく使ってマーケティングしていく方向にどんどんシフトしていきます。そのような意味でもWishpondは非常に使いがってがよく、今後Webマーケティングを良く理解して作られたアプリケーションだと私は思います。

まずは英語アレルギーを治療して、「新しいツール」をどんどん使っていく勇気を持つことが大切ですね。

参考:「Still on Facebook, but Finding Less to Like」

まとめ


もっと色々と調べてみれば分かりますが、海外(ほどんどアメリカ)には日本よりもクオリティーが良く、値段が安いソーシャルアプリやツールがたくさんあります。日本の製品は営業にコストをかけ過ぎているので値段が上がってしまい、クオリティーに関しては最先端のアメリカのモノには敵いません。他社より一歩先に行くために、まず英語アレルギーを克服し、2,3年遅れた日本のサービスを使うのではなく、最先端のサービスを使いましょう。