世の中のインターネット上にある情報はどれくらいあると思いますか?あなたが毎日使っているGoogleやFacebookの情報量はもちろんですが、会社のホームページからオンラインの銀行情報まで、すべて合わせると1.2ZBの情報がインターネット上に存在しています。

ちなみにWikipediaで調べてみると、

1 ZB = 1000000000000000000000bytes = 10007bytes = 1021bytes = 1000exabytes = 1 billion terabytes.

 

もう正直わけが分かりませんが、1.2ZBという情報量をiPadにつめて、上にどんどん積み上げていくと339マイル(542キロ)になるそうです。542キロと言えば、東京から大阪ぐらいまでの距離になると思うので、とてつもない情報量であることが安易に想像できます。

情報量の増加
果てしないほどの情報量

今後、ソーシャルメディアやビックデータの活用などで、情報量が増えるスピードはどんどん加速していきます。この情報量の変化とともに、営業やマーケティングの仕方も変化させていく必要があるのではないでしょうか。

10年前と比べて情報量が410倍


情報の爆発
2000年以降、情報量は一気増えた!

2000年にUCバークレー校のピーター・ライマンさんが、1999年末までに、人類が30万年かけて蓄積した全情報を計算したところ、12EB(エクサバイト)だったそうです。

ピーターさんはこの報告書を作った後、巻末で驚くような予言をしています。それは、次の2001年から2003年までの3年間に貯蓄される情報量が、人類が30万年かけて貯蓄してきたすべての情報量をあっけなく追い抜いてしまうだろうというものでした。(参考:情報大爆発 コミュニケーション・デザインはどう変わるか)

 

ピーターさんは2003年にも報告書を出していますが、予想通り、たった数年間の間に30万年分の生産し、貯蓄してしまいました。

情報の大爆発
30万年分の情報を経った3年間で

2007年のデータでは、人間が処理できる情報量は変わっていないのに、世の中に出回っている情報(10年前と比べて)は410倍になっているというデータがあります。マーケティングエンジンの高広さんは生み出される情報の量と消費される情報のアンバランス現象が起きていると分析した上で、「インバウンド・マーケティング」という本の中で、次のように述べています。

バイキング_情報爆発
2013年現在、情報はバイキングのようなもの

"バイキング形式のレストランに行けば食べ物がたくさん並んでいて、「どうぞお好きなものをお好きなだけお取りください」と言われますが、人間の胃袋のサイズは限界があるので、どんな大食漢でも、そのお店の料理をすべて食べ尽くすことはできません。そして、日々私たちが接する情報も、まさにそのような感じになっているということです。"

情報量が10倍の中でどのようにモノを売るか?


情報の爆発
コンピューターにできて、人間にできないこととは?

2007年の時点で、10年前と比べて情報量が410倍になっているとのことですが、The Guardianの記事によれば、現在ではインターネット上に存在する情報は18ヶ月ごとに2倍になって、どちらかと言えば、情報の大爆発はこれからといった感じなのかもしれません。

あなたがよほど稀少な情報を持っていれば話しは別かもしれませんが、新規の営業電話でアポイントを取り、訪問をして話しを聞いてもらえる機会はどんどん減っていくのではないでしょうか。

なぜなら、欲しい情報はすべてGoogleで検索すれば出てきます。自分で情報がほしいと思えば、他人から進められなくても、自分から探しに行けばいいのです。もし、年末をハワイで過ごしたいと思えば、インターネットで予約して、手配まですべて自分でできます。
エクスペディア_情報
人の手間を一切借りることなく、予約が完了

従って、今後の営業やマーケティングは従来通り数だけこなしていてもダメです。ダニエル・ピンクさんが本の中で言っているように、これからの営業やマーケティングは、顧客のニーズをしっかりとヒアリングした上で、「こちらの方が良いですよ」とアドバイスできるような人であったり、付加価値のあるキューレートされた情報をどんどんインターネット上にアップしていき、ユーザーに見つけられるような方向にシフトしていくの必要があるのではないでしょうか。

まとめ


キューレイション

2000年以降始まった情報の大爆発は、2013年11月現在、スピードがどんどん加速しており、とどまることを知りません。人々の周りには情報が溢れかえり、特に他人に世話にならなくても、なんでも自分で知ることができるようになりました。このような時代の流れに添って、営業やマーケティングの仕方もどんどん変えていかなければなりません。まずはそのような情報をしっかり整理して理解するところから始めましょう。