アップルは人々を磁石のように引きつけます。アップルが会社のオフィスにテレアポをしたり、アップルストアで安売りをしたりしているのが想像できるでしょうか?

 

書店には「アップルから学ぶ◯◯」や「スティーブ・ジョブズから学ぶ◯◯」といった本が山積みになっていますが、実際にどの企業も実行できておらず、(もしくはすぐ挫折してしまい)結局、安売りや従来の営業方法に戻ってしまっています。

アップル_インバウンド_マーケティング
人を磁石のように引きつけるApple

現在は、世界一時価総額の高い企業として誰でも知っているアップルですが、一時は全く売れず、ジョブズは社内の幹部から会社を追いやられてしまったこともありました。

 

アップルがここまでの企業になれた背景には、インバウンド・マーケティングの手法を上手く活用したことが一つの要因でもあります。恐らく、ジョブズが無意識の内に実行していたことだとは思いますが、アップルのマーケティングはインバウンド・マーケティングをかなり意識したものだったのです。

ジョブズ_インバウンド
ジョブズの戦略的なインバウンド・マーケティング

自分達の強みを知る


ジョブズ_インバウンド_マーケティング
What is your strength?

ジョブズがアップル復帰直前に行われたインタビュー(のちにthe lost interviewと呼ばれる)の中で自社の強みを見つけ、その強みを使って、どのように潜在的顧客を惹きつけるが最も重要と答えています。

20世紀を代表する経営学者、ピーター・ドラッカーも、自社の弱みを克服するのではなく、強みに焦点を合わせて、そこをどのように伸ばしていくかを考えるべきだと語っています。

ジョブズ_ロストインタビュー
伝説のロスト・インタビュー

そして、自分たち強み(=他社との違い)をしっかりと意識できたら、それをしっかりと自分たちの言葉で顧客に伝える必要があります。1984年のスーパーボールで流されたCM、Think Diffrentのプロモーション、これらの中で、アップルはコンピューターの質やスペックの速さなどには一切触れていません。「他社とは違うという文化」を顧客に間接的に伝えるための、戦略的なインバウンド・マーケティングだったのです。

think-different
Think Differnetのプロモーション

ジョブズの有名な言葉に、次のようなものがあります。

 

「What do you want people to think when they visualize your brand?」
「顧客があなたのブランドを思い描く時、どんな風に思われたいか?」

 

インバウンド・マーケティングのコンセプトは「準備できたら私のところに来て!(I am here when you are ready)」です。

ジョブズ_インバウンド
準備できたら私のところに来て

ITやWebが発展した現在では、テレビコマーシャルを打つ必要はありません。SNS、ブログ、そしてYoutubeと顧客に自社のイメージを伝える手段はいくらでもあります。ひとつのブログ、ひとつのツイート、そしてひとつの動画があなたの会社のイメージを作っていくことになるのです。

顧客をコントロールするためにストーリーを語る


ジョブズ_ストーリー
良いモノには、良いストーリーを

もしかすると、あなたの会社の商品やサービスはすでに「強み」を明確し、他社との差別化を図っているのかもしれません。自社の強みを明確にした後、重要になってくるのがストーリーです。

 

アメリカで最も国民に愛された大統領、ロナルド・レーガンは政治のことなど全く知らない、ただの俳優でしたが、素晴らしいストーリーテラーとして国民に愛されました。

ジョブズも最高のストーリーテラーだったことは、ご存知かとは思いますが、人間はただただ、ストーリーや童話が大好きなのです。
ロナルド_レーガン_スピーチ
素晴らしいストーリー・テラーであった、レーガン

インバウンド・マーケティングは他人に役立つ情報を発信したり、良いコンテンツを作りユーザーに見つけてもらうことが大事ですが、それだけでは十分ではありません。あなたがどのようなオフィスで仕事をしていて、どのような経歴を持ち、どのような考えを持って働いているかをストーリー立てて伝えていく必要があります。

孫正義_インバウンド
どんどんビジョンを語る孫正義さん

ちょっとぐらい大げさに語ってみたり、クサイ感じになってしまっても大丈夫です。商品やサービスで他社と差別化を計るのは少し難しいかもしれませんが、ストーリーは会社によって絶対に違うはずです。誰にも共感してもらえるストーリーを作って、ウェブ上でどんどんブランド化していきましょう。

まとめ


ジョブズ_インバウンド
さぁ、ブランディングをしよう

ジョブズ率いるアップルは無意識の内にインバウンド・マーケティングを実行していました。

 

マーケティングの基本として、他社との差別化を計ることはよく語られますが、ジョブズはそれを「どんな風に思われたいか?」というイメージで表現しました。そのイメージとあなた語るストーリーが、ユーザーや顧客を刺激したとき、問い合わせという次のプロセスのつながるのではないでしょうか。