あなたがFacebookファンページを運営して場合、1日何回、ページに行って「いいね!」数を確認するだろうか?

あなたがWebマーケッターだったら1日何回、グーグルアナリティクスをチェックしてアクセス数を確認するだろう。少なくても私は1日10回以上スマホからアクセスしている。

グーグル アナリティクス
私は1日10回以上、アナリティクスを見ている。

「だって仕方がないでしょ?それが仕事なんだし、アクセス数が増えることでモチベーションが上がるんだから。」

そう、あなたは正しい。ブロガーやライターさんに取って、一番モチベーションが上がるのは、「たくさんの人に見てもらえた」という達成感であり、社長や営業マンがエクセルファイルか何かで、売上や利益を細かく管理するのもそれに似たようなものがあります。

グーグル・アナリティクス
数字はあなたを笑顔にする。

まだ日本で制作している会社はないように思いますが、アメリカやヨーロッパのベンチャー企業が、売上やアクセス数をすべて透明化させて、会社のディスプレイに表示させるアプリケーションを急ピッチで開発しています。

会社に訪問したクライアントがみんな揃って、「クール!」っていうんだ!


gecksboard
常に最新の情報をディスプレイに表示させておく。

Facebookの創業期をモチーフにした映画、「ソーシャル・ネットワーク」の中で、ザッカーバーグさんのパートナーであったショーン・パーカーさんが、Facebook社内にある、巨大スクリーンに向かって

 

「Refresh!Refresh!」(更新して!更新して!)
と叫んでいるシーンがあります。

photo-47_Fotor

「更新して!更新して」と叫ぶ、ショーン・パーカーさん

そしてその瞬間、Facebookのユーザーが100万人を超えて、みんなシャンペンをあけて喜ぶのですが、これほど従業員が達成感を感じる瞬間はありません。

現在、アメリカではスタートアップ、大手企業を問わずこのようなスクリーンを用意して、従業員のモチベーションを上げている企業が多いです。

Facebookのユーザーが100万人突破


達成感をリアルタイムで味わう。

Geckboardというアプリケーションを使って、自社のサイトの情報をオフィスの巨大スクリーンで常に表示させている、ある企業の社員はこのように話します。

"オフィスを訪れた人が急に止まって、「何これ!初めて見たよ!クール!」って言うんです。そしてその場に立ち止まって数分間、その画面を見てから、話し始めるんです。これは素晴らしいですよ!"

アプリによって表示させることができる情報が異なります。

geckboard
来訪した人の注目を集める。

Ducksboard (スペインのベンチャー企業)


twilio-post-image_Fotor
Ducksboard:見やすいシンプルなディスプレイ。

シンプルにウィジェットをドラック&ドロップして組み立てていくので、結構使い勝手が良さそうです。30日間のお試し期間もあるので、とりあず面白そうだから使ってみようと思っている方にはベストなのではないでしょうか。

 

連結アプリ:Facebook,Twitter,foursquare,Google Analytics, Google Adwords, Youtubeなどなど。くわしくはこちら
duckboard
メジャーなアプリには基本的に対応しているDucksboard

duckboard
Ducksboard:値段は16ドルから129ドル

Geckoboard(ロンドンのベンチャー企業)


geckoboard
Geckoboard:イギリスらしいクールなデザイン。

 

gecksboard
Geckoboard:ユーザーマップも確認できる。

 

こちらはDucksboardと同じようにメジャーなプラットフォームには対応していますが、Amazon CloudWatch,Paypal,Salesforceなど、対応しているサイトが多いように感じます。くわしくはこちら

ちなみにこのGeckoboardという会社は、シリコンバレーの500startupsが出資していたり、Guardianが選ぶ、ロンドンで最も熱いスタートアップカンパニー20社に選ばれています。TechCrunchの記事によれば、GeckoboardはHootSuiteにも迫る勢いだということなので、今後、成長が期待できるかもしれません。

geckoboard
Geckoboard:AmazonやPaypalにも対応

geckoboard
Geckoboard:値段は17ドル〜889ドルと幅広い

geckoboard
Geckoboard:日本人の方も制作メンバーの中にいました。親近感が湧きます。

Cyfe(アメリカのベンチャー企業)


cyfe
Cyfe:InstagramやPinteresにも対応。

ウェブサイトによれば、現在世界で40,000社の企業に導入されているそうです。

PDFやエクセルのファイルにエクスポートができるそうで、データ分析をまとめてしたい企業にはオススメかもしれません。メジャーのプラットフォームはもちろん使えますが、Instagram、Pinteres、そしてiTuneも連動できるところがアメリカの企業の強みかもしれません。

cyfe
Cyfe:InstagramやPinterestにも対応

cyfe
Cyfe:無料で使えるプランと月額19ドルのプレミアムプランがあるようです。

データを常に表示しておくことで、瞬間的な対応を


gecksboard
常に表示しておくことで瞬間的な対応を

私は常にデータを社内の大きいスクリーンに表示しておくことは、ある意味、時計と同じ役割ではないかと思ってます。社内には時計があります。お昼に行く時間、会議の時間、そしてクライアント訪問の時間、多分あなたは時計の時間を中心に行動しているのではないでしょうか。多分、仕事上のデータも同じで、時間と同じぐらい常に気にしていなければいけないものなのです。

geckboard
常に表示していくことで、「うぬぼれ」を防ぐ。

ロンドンでGeckboardを導入しているCrunchという企業は次のように話します。

"私たちは常に必要な情報をスクリーンに表示しておくことで、「うぬぼれ」を防ぎます。例えば、あなたのサイトに毎月500,000PVのアクセスがあっても、コンバージョン率を同時にしっかりとチャックしておかなければ意味がありません。グラフは「突然の変化」に気づくことに非常に効果的です。私たちはTwitter経由で顧客の意見が届く前に、データで問題を解決していきます。"

最近ではLineなども、ユーザー数を大きなスクリーンに表示させて、従業員のモチベーションを上げています。まだまだ、このような「透明性」を意識してガラス張りの経営をしている企業が日本では少ない分、社外に対しての良いアピールになるのではないでしょうか。

line ヒカリエ オフィス
Lineの渋谷ヒカリエオフィス

 

まとめ


geckboard
さぁ、何も隠さず、すべてを表示しよう。

アマゾンの創業者、ジェフ・ベゾス氏は同業他社よりも10%、クォリティーを上げることで大半の顧客を獲得できることに気づきました。

今回の主要データをディスプレイに常に表示しておくというのも、もしかすると同じことなのかもしれません。従業員のモチベーションをちょっと上げる、クライアントがオフィスに来た時に、「おっ」っと思う、このような小さい満足度を満たしていくことが、あなたの会社のブランドを作り、人々を引きつけるようにするのではないでしょうか。

SPACEBOY株式会社 Twitter