まずは何も言わず、この動画を最初の32秒だけいいので見ていただきたい。(スマホの方も面倒臭がらず。)

 


Youtubeの世界感を伝える動画

どうだろうか?みんな楽しそうだ。

動画は写真やテキストよりも脳細胞に訴えかける力は圧倒的に強いのが特徴です。Googleの2013年5月の発表によれば、Youtubeのユニーク・ビジター(重複カウントしないで算出した人数のこと。)が10億人を超え、さらにその10億人は月に6時間以上Yotubeで動画を見てると伝えています。

 

最近では若者がテレビをあまり見ずに、その大半がYoutubeに流れていっているのではないかという議論がよくインターネット上で飛び交っていますが、もしかすると歴史の必然的な流れなのかもしれません。(ちなみに私はもう10年近くテレビを見ていません。)

 

youtube マーケティング
世界中のチャンネルが見れるYoutube

ユーザーが集まれば、そこにビジネスチャンスが生まれます。しかし、セミナー動画を垂れ流し、自社のPRのためCMを流す、そんなことをするのは辞めましょう。

もう一度この動画も見て下さい。(今度は全部見て下さい。)みんな笑ってます。


繋がろう。

もう英語ができないという言い訳は通用しないかもしれません。なぜならYoutubeは「直感的」に繋がるためのツールだからです。

Googleの元CEO:エリック・シュミット、「もう君は未来の姿を見ている」


youtube マーケティング
もう君も気づいているんじゃないかい?

Googleの元CEOであり、現在は会長のエリック・シュミットさんはYoutubeのユニーク・ビジターが10億人を超えた時のインタビューで、Youtubeが将来テレビの変わりになるかという問いに対し、次のように答えています。

「何を言っているんだい?もう変わりになっているじゃないか。」

さらに、アメリカのYoutubeの責任者でもある、Margo Georgiadisさんも自信も持って、「もしあなたの企業が40歳以下の世代にアプローチしたいなら、絶対にYoutubeを使うべきわ。」と言っています。

Youtube マーケティング
あなたが一番アプローチしたい年齢層はどこ?

2013年の始めに全米で行われた、ある調査によれば、82%のマーケッターが今後の動画マーケティングについてポジティブに考えており、71%のマーケッターが2013年度内に動画マーケティングの予算を増やす方向で考えているそうです。

動き出す!次の時代を先取りしたYoutuberたち


Youtube マーケティング
視聴者の奪いが始まるのか

もちろん、2013年現在、まだテレビの方が人々に与える影響力を持ち、多額の広告費や番組制作費用が業界の中では動いていますが、数字で比べてみるとYoutubeの影響力がどんどん大きくなっていることが分かります。

例えば、Youtubeで最も稼いでる人と、テレビの中で最も稼いでる人を比べると、次のようになります。
Youtuberの最高収入は約6億7000万円に対して、テレビは16億1000万円になっています。

youtube マーケティング
Youtuber:約6億7000万円  テレビ:16億1000万円

 

次に最も再生回数が多かったYoutube動画と最も見られたテレビ番組を比べてみると、Youtuberが約210万回なのに対して、テレビは約537万回になっています。

youtube マーケティング
Youtuber:約210万回  テレビ:約537万回

日本でもコメディアンを中心に年収1000万〜2000万ほど稼ぎだしているYoutuberも結構いるようです。Youtubeの責任者、Salar Kamangarさんは次のように話します。

 

「Youtubeのサイト(コンテンツ)も従来のテレビ番組を作る気持ちで作成し、マーケッターに広告費を払ってもらうように説得できるレベルにしてほしいんだ。」

 

「もし、犬がスケボーに乗っている動画を作成したら、1000回のインプレッションにかかる費用は2ドル。でもこの動画を犬愛好家、もしくはスケボーチャンネルでアップしたら1000回のインプレッションに20ドルかかるんだ。」

Youtube マーケティング
どのようなユーザーに対してマーケティングするかがキーポイント

今後は自分で動画(コンテンツ)を作成し、自分でユーザーをセグメントして、自分でマーケティングをしていく時代に投入します。少し裏の話しかもしれませんが、日本のテレビ業界は力や資金を持っている人たちによって牛耳られています。

これはある意味、日本を洗脳しているシステムであり、20年間も日本がネガティブサイクルにハマっている原因とも言われています。でももうそんなの関係ありません。だって、すべて自己責任で運営できますし、相手は日本ではなく世界なんですから。

まとめ


youtube マーケティング
さぁ、繋がろう。

テレビがすべて悪いというわけでありませんが、日本人のマインドはテレビによって統制されていると言っても過言ではありません。苫米地英人さんの「電通 洗脳広告代理店」「テレビは見てはいけない」を読むとゾッしてしまいますが、数年前まで世の中に動画でメッセージを伝える手段はテレビしかありませんでした。

しかし、今では日本を超えて、英語なんか喋れなくても、動画を通じて世界と繋がれる。冒頭でご紹介した動画をもう一度、見ていただきたい。「言葉」はほとんどありません。

簡単なマーケティング戦略と「繋がりたい」、「伝えたい」という気持ちだけで十分なのではないでしょうか。

 

もし今、そう思えたなら、ビデオカメラの前に立とう。

SPACEBOY株式会社 Twitter