ソーシャルメディア、リスティング、DSP広告など、現在では様々な方法で集客をすることができます。Facebook広告、Google広告、そしてDSP広告ともに非常に効果的なのですが、GoogleやFacebookの状況によってその効果が変わってきます。例えば、現在Facebookは、ユーザー数も伸びていて、経営も良好ですが、いつ経営が悪化し、経営状態が悪くなるか分かりません。

 

Facebookを使うユーザーが減ってしまっては、せっかく集めた「いいね!」の意味がなくなってしまいます。さらにFacebookの中のプラットフォームでは、どれだけFacebookページに「いいね!」を持っていようと、「Facebook社」がオーナーであり、Facebookページはあなたの所有物ではありません。特にリスク回避をするという意味ではありませんが、今後、小さなスタートアップがどんどん新しいサービスを作り、その中でユーザーの奪い合いになります。

そのために、どんなメディアにも邪魔をされない自分だけのメディア、いわえる「オンドメディア」を作る必要があるのではないでしょうか。

まず、「オンドメディア」とはなんぞね?


オウンドメディア
まずはオンドメディアをしっかり理解しましょう。


Webマーケティングをしていくなかで、「メディア」というと大きく分けて3つあります。オンドメディア(Owned Media)アーンドメディア(Earned Media)そして、ペイドメディア(Paid Media)です。

Owned Media


まず、オンドメディアとは、自分でユーザーをコントロールできるプラットフォームのことで、例えば、自分自身のブログ、Facebookページ、もしくは自分のYoutubeチャンネルなどがこの中に含まれます。

基本的に「オンドメディア」とは何か良いコンテンツ(あなたが自社の商品やサービスについて書いた記事)を経由してコンバージョンに結びつける自社メディアのことを指します。

「オンドメディア」はこのあとご紹介する、「アーンドメディア」や「ペイドメディア」に比べて集客コストは圧倒的に安くなりますが、ユーザーからの信頼を得たり、「価値」のあるサイトだと思われるまで、投資し続けなければなりません。

Paid Media


「ペイドメディア」は簡単に言えば、「お金を払ってユーザーや顧客」を獲得するメディアで、メインとなるのは「広告」です。お金を払うので短期間でユーザーを自分のサイトに誘導できますが、広告をストップしてしまうと、ユーザーが突然いなくなってしまう可能性があります。

Earned Media


「アーンドメディア」を簡単に説明すると、顧客やユーザーがあなたの商品やサービスについて、コミュニケーションを取る場所のことを指します。あなたの商品やサービスの「口コミ」というのが一番分かりやすいのかもしれませんが、場合によっては、ネガティブな情報が広がってしまう場合があり、それを自分ではコントロールすることができないので、気を付ける必要があります。

参考: 「3 Media Types that Influence your Bottom Line」 「WHAT IS EARNED , OWNED & PAID MEDIA? THE DIFFERENCE EXPLAINED」「Your Content Strategy: Defining Paid, Owned and Earned Media」

「オンドメディア」を中心にすべてのメディアをうまく使う-コンバートメディア


オウンドメディア
すべてをうまく使いレバレッジをかける。


では、「オンドメディア」を作るために、サーバーをレンタルし、そこにワードプレスを入れて、コンテンツをどんどん上げてWebマーケティングを始めました。しかし、あなたが有名人であったり、その業界で知られた人でなければ、この情報がありふれた世の中では、誰もあなたのブログを読んではくれません。そこで、自分自身が100%コントロールできるメディア、「オンドメディア」にユーザーを集めるために、「ペイドメディア」や「アーンドメディア」をうまく活用します。

 

例えば、Facebookページを作成し、Facebook広告(月に数万円程度)を使ってユーザーを集客し、そのユーザーをあなたのホームページ(オンドメディア)に連れていきます。なぜなら、いくらあなたが良い情報発信をしていても、「知って」もらえなければ意味がありません。まずは、「知って」もらうとこと、そしてあなたのブログを定期的に覗いてくれるようにすることが重要なのです。

 

Googleの自然検索で上がってくるのを待つのもひとつの手ですが、私の経験上、誰を見てくれていない中で、クォリティーの高いブログを書き続けるのは、正直結構シンドイです。多少誰かに見られている感があるからこそ、モチベーションが上がるのではないでしょうか。

参考:「Your Content Strategy: Defining Paid, Owned and Earned Media」

まとめ


まずはすべての「メディア」の特性を理解し、最初の内は平行して使っていくの良いでしょう。オンドメディアやアーンドメディアにユーザーが集まってきたら、ペイドメディアを少しずつ減らしていきます。最初はどんな良いコンテンツを作っても、なかなかネット上で見つけてもらえませんが、その際は投資だと思って資金を使いユーザーを自社のサイトに誘導しましょう。