SPACEBOYブログ

オムニチャネルマーケティングについて考えるブログ

人工知能で人生をもっと楽しく スペースボーイ株式会社

オウンドメディア

孫正義さんや堀江貴文さんも気にする、インターネット上の新しい影響力のアルゴリズム。3年後のインターネットの世界とは?

最近、あなたはどんな人から影響を受けただろうか?あなたが20代の女性なら加藤ミリヤさん、あなたが30代の男性なら福山雅治さん、もしあなたが経営者なら孫正義さんと答えるかもしれない。僕なら投資家のウォーレン・バフェット氏や起業家のリチャード・ブラウソン氏と答えるだろう。

 

top_003t_Fotor
若者に対して影響力を持つ、加藤ミリヤさん

klout
多くの経営者に影響を与え、発言がいつも注目を集める孫正義さん

では質問を変えよう。

最近あなたはどのような人に影響を与えただろうか?あなたのFacebookの投稿を見てそのお店に行った、もしくはブログで本のレビューを書き、多くのユーザーがそれに共感して、その本を購入した。いろいろあるのではないでしょうか。 最近になって「KLOUT」というサービスが少しずつではありますが注目を集めています。サービス自体は少し前からありましたが、当時はユーザーの需要とサービスが一致せず、あまり広まりませんでした。

しかし、FacebookやTwitterが人々を繋ぎ、ユーザーがお互いに影響し合う中で、それぞれのユーザーがどれほど影響力を持っているかを数字で表す必要性が出てきました。 なぜなら、その「数字」はこの情報がありふれている世の中で、その情報の価値を示す重要なものになるからです。

 

KLOUT
Web上でのあなたの影響力を数字で表すKLOUT

まだ完璧ではないが、今後間違えなく需要があるサービス


klout
KLOUTの創業者、Joe Fernandezさん

インターネット上の新しいアルゴリズム


簡単に言えば、「KLOUT」はWeb上のユーザーをランキングするGoogleサーチエンジンのようなものです。Googleは様々なアルゴリズムを使ってあなたが探しているホームページを上位に表示させており、それぞれのホームページにはGoogleが定める0〜10のページランクが定められています。 KLOUTは、Twitter、Facebook、Google+、Linkedin、Wikipedia、そして、Instagaramのデータをもとにあなたのインターネット上のでの影響力を1〜100の数値で示します。

 

klout
僕のネット上での影響力は40点。まだまだ(笑)

まだ日本語には翻訳されていませんが、最近アメリカで発売された、「KLOUT MATTERS」という本よれば、このKLOUTのスコアにはTwitterのフォロワーやFacebookのファンの人数などはほとんど関係ないそうです。KLOUTの数字が表すものは、「あなたのコンテンツや発言がどれだけ、他のユーザーにアクションを起こさせたか。」 さらにファンとのやり取りや、リツイートされた数など様々な要素がスコアに影響するようです。

 

Justin-Bieber-Klout-
100点で最も影響力を持つ歌手のJustin Bieber

孫正義 Klout
孫さんのスコアは73

堀江貴文 klout
堀江さんのスコアは72

最近では東南アジアなどにFacebook広告を出して、見せかけのファンを何万人も集めているページを良く見かけますが、今後、KLOUTのスコアが基準になっていった場合、このような小細工は効果が無くなってきます。(なぜかインドネシアなどFB広告を出す、ものスゴイ数のファンが集まる)

期待も大きいが改善点も多い


このようにインターネット上に新しいアルゴリズムを構築中のKLOUTですが、まだまだ改善点はたくさんあります。一番の問題はインターネットの外の影響力がスコアにあまり反映されていないことです。

例えば、昨日ブログでもご紹介した、新しいSNSのプラットフォーム「Ning」のCEOであり、ネットスケープの創業者でもあるMarc AndreessenさんのKLOUTスコアは42と、ほとんど僕のスコアと変わりません。Marc Andreessenさんはウォール・ストリート・ジャーナルなどにも定期的に記事を投稿していますが、KLOUTのスコアには換算されていないようです。

klout
まだまだすべてのスコアが正しいとは言えない。

インターネット上で影響力を持つインフルエサーを見方に付けることが21世紀型のマーケティング


勝間 klout
Web上で大きな影響力を持つ勝間和代さん

Web上は広告中心から人中心のマーケティングへ


最近の傾向としてインターネット自体がページ中心の世界から、人が中心の世界に移行しつつあります。ある調査によれば、企業のホームページにある情報を信用すると答えた顧客は58%、動画の広告を信用すると答えた顧客は36%、そしてオンラインのバナー広告を信じる答えた顧客は27%と、人が絡まない情報や広告はどんどん信用されなくなってきています。(KLOUT MATTERS P66ページ参考)

 

スターバックス KLOUT
人が人を繋ぐ企業、スターバックス。ネットでもリアルでも中心は人

それは、オンライン広告が全く効果がないというわけではないですが、今後企業がブランドを構築していく際に、あなたが友人や信頼のおける家族との間に築いているような「人間的」な関係を作っていく必要があります。KLOUT MATTERの著者、Gina Carrさんは次のように述べています。

 

「消費者は今後、ブランドとの"人間的な関係"を求めてくる。ブランドはそれに適した政策をする必要がある。歴史が物語っているように、過去の成功例に寄り添ったやり方をいつまでも続けていると、それは敗北を招くことになります。」

マーケティング KLOUT
もうすでに欧米ではKLOUTスコアはブランディングに使われれいる。

今後、インターネット上で「インフルエンサー」と言われる、影響力を持つ人の発言は、Yahooニュースと同じくらい注目されるのではないでしょうか。従って、企業でもインフルエンサーを味方につけることが、ものすごく重要になってくると同時に、従業員にもFacebookやTwiiterをどんどん使ってもらいKLOUTのスコアを上げていく必要があります。

まとめ


Klout
さぁ、影響を受ける側から、影響を与える側になろう。

人を使ったブランディングやマーケティングは今も昔も変わっていません。今も昔も企業は、芸能人という「人」使って製品やサービスを紹介し、市場に広めていきました。しかし、現在では企業が「インフルエンサー」をお金でコントロールすることは難しいです。インフルエンサーと呼ばれる人たちはいままで培ってきた信用をもとに人から注目されています。もし、企業からお金をもらって宣伝していることが分かったら、彼らは今まで培ってきた信用をすべて失うことになるのです。

まだまだ改善点を多くあり、日本ではまだKLOUTスコアを気にしている人はあまりいませんが、今後、インターネットが「ページ」から「人」に移行する課程で、KLOUTスコアはあなたの影響力を示めす重要な指標になるのではないでしょうか。

SPACEBOY株式会社 Twitter 

Google元CEO、エリック・シュミット「本当はもう君たちは気づいているんじゃないかい?本当の未来のテレビの姿にね」

まずは何も言わず、この動画を最初の32秒だけいいので見ていただきたい。(スマホの方も面倒臭がらず。)

 


Youtubeの世界感を伝える動画

どうだろうか?みんな楽しそうだ。

動画は写真やテキストよりも脳細胞に訴えかける力は圧倒的に強いのが特徴です。Googleの2013年5月の発表によれば、Youtubeのユニーク・ビジター(重複カウントしないで算出した人数のこと。)が10億人を超え、さらにその10億人は月に6時間以上Yotubeで動画を見てると伝えています。

 

最近では若者がテレビをあまり見ずに、その大半がYoutubeに流れていっているのではないかという議論がよくインターネット上で飛び交っていますが、もしかすると歴史の必然的な流れなのかもしれません。(ちなみに私はもう10年近くテレビを見ていません。)

 

youtube マーケティング
世界中のチャンネルが見れるYoutube

ユーザーが集まれば、そこにビジネスチャンスが生まれます。しかし、セミナー動画を垂れ流し、自社のPRのためCMを流す、そんなことをするのは辞めましょう。

もう一度この動画も見て下さい。(今度は全部見て下さい。)みんな笑ってます。


繋がろう。

もう英語ができないという言い訳は通用しないかもしれません。なぜならYoutubeは「直感的」に繋がるためのツールだからです。

Googleの元CEO:エリック・シュミット、「もう君は未来の姿を見ている」


youtube マーケティング
もう君も気づいているんじゃないかい?

Googleの元CEOであり、現在は会長のエリック・シュミットさんはYoutubeのユニーク・ビジターが10億人を超えた時のインタビューで、Youtubeが将来テレビの変わりになるかという問いに対し、次のように答えています。

「何を言っているんだい?もう変わりになっているじゃないか。」

さらに、アメリカのYoutubeの責任者でもある、Margo Georgiadisさんも自信も持って、「もしあなたの企業が40歳以下の世代にアプローチしたいなら、絶対にYoutubeを使うべきわ。」と言っています。

Youtube マーケティング
あなたが一番アプローチしたい年齢層はどこ?

2013年の始めに全米で行われた、ある調査によれば、82%のマーケッターが今後の動画マーケティングについてポジティブに考えており、71%のマーケッターが2013年度内に動画マーケティングの予算を増やす方向で考えているそうです。

動き出す!次の時代を先取りしたYoutuberたち


Youtube マーケティング
視聴者の奪いが始まるのか

もちろん、2013年現在、まだテレビの方が人々に与える影響力を持ち、多額の広告費や番組制作費用が業界の中では動いていますが、数字で比べてみるとYoutubeの影響力がどんどん大きくなっていることが分かります。

例えば、Youtubeで最も稼いでる人と、テレビの中で最も稼いでる人を比べると、次のようになります。
Youtuberの最高収入は約6億7000万円に対して、テレビは16億1000万円になっています。

youtube マーケティング
Youtuber:約6億7000万円  テレビ:16億1000万円

 

次に最も再生回数が多かったYoutube動画と最も見られたテレビ番組を比べてみると、Youtuberが約210万回なのに対して、テレビは約537万回になっています。

youtube マーケティング
Youtuber:約210万回  テレビ:約537万回

日本でもコメディアンを中心に年収1000万〜2000万ほど稼ぎだしているYoutuberも結構いるようです。Youtubeの責任者、Salar Kamangarさんは次のように話します。

 

「Youtubeのサイト(コンテンツ)も従来のテレビ番組を作る気持ちで作成し、マーケッターに広告費を払ってもらうように説得できるレベルにしてほしいんだ。」

 

「もし、犬がスケボーに乗っている動画を作成したら、1000回のインプレッションにかかる費用は2ドル。でもこの動画を犬愛好家、もしくはスケボーチャンネルでアップしたら1000回のインプレッションに20ドルかかるんだ。」

Youtube マーケティング
どのようなユーザーに対してマーケティングするかがキーポイント

今後は自分で動画(コンテンツ)を作成し、自分でユーザーをセグメントして、自分でマーケティングをしていく時代に投入します。少し裏の話しかもしれませんが、日本のテレビ業界は力や資金を持っている人たちによって牛耳られています。

これはある意味、日本を洗脳しているシステムであり、20年間も日本がネガティブサイクルにハマっている原因とも言われています。でももうそんなの関係ありません。だって、すべて自己責任で運営できますし、相手は日本ではなく世界なんですから。

まとめ


youtube マーケティング
さぁ、繋がろう。

テレビがすべて悪いというわけでありませんが、日本人のマインドはテレビによって統制されていると言っても過言ではありません。苫米地英人さんの「電通 洗脳広告代理店」「テレビは見てはいけない」を読むとゾッしてしまいますが、数年前まで世の中に動画でメッセージを伝える手段はテレビしかありませんでした。

しかし、今では日本を超えて、英語なんか喋れなくても、動画を通じて世界と繋がれる。冒頭でご紹介した動画をもう一度、見ていただきたい。「言葉」はほとんどありません。

簡単なマーケティング戦略と「繋がりたい」、「伝えたい」という気持ちだけで十分なのではないでしょうか。

 

もし今、そう思えたなら、ビデオカメラの前に立とう。

SPACEBOY株式会社 Twitter 

マークザッカーバーグ氏が一番恐れている新しい形のSNS、ダイレクト・オーナシップとは?

Facebookの次は何だ?

Lineか?Tumblrか?それともPinterestか?

どのプラットフォームもFacebookを脅かす可能性はありますし、ユーザー数も伸びていますが、もしかすると、もう大きいプラットフォームが大量のユーザーをコントロールできる時代は終わりを告げるのかもしれません。

 
pinterest
アメリカでユーザーを伸ばしているPinterest

もちろん、Facebookがダメというわけでも、Pinterestが日本で流行る可能性が低いというわけでもありません。しかし、ユーザーの需要は気づかない内に、ものスゴイスピードで変化していきます。

実名を公開しないMixiから実名主義のFacebookにユーザーが移行するのにかかった期間はほんの数年間。実名や住所、好きな食べ物や電話番号まで公開してしまったユーザーは、次にどこへ向かいのでしょうか?

Ning:ユーザーが求めるものが変わってきた


ning
新しい形のSNS「Ning」

最近はコンテンツ重視のマーケティング戦略が重要になってきました。Facebookは「いいね!」や「コメント」を残して、ユーザーとコミュニケーションのには便利ですが、しっかりしたコンテンツを作るにはあまり適していません。

ではWordpressやTumblrを使ってFacebookの外で作ればいいという話しになりますが、WordpressやTumblrではユーザーとしっかりとコミュニケーションを取るというところが弱いというデメリットがあります。

 

アメリカに「Ning」というサービスがあります。自分自身でコントロール、またはカスタマイズが可能なSNSサービスを簡単にオンライン上で作れるサービスですが、サービス自体は2005年からありました。しかし、使い勝手がユーザーとマッチせず、ユーザーはMyspaceやFacebookに流れていってしまいました。Ningは「良いコンテンツは発信し、ユーザーとしっかりとコミュニケーション」取るという、現在に必要なニーズを満たしているような気がします。

 

NING
ソーシャルを目的とした自分のSNSプラットフォーム

 

Ningは有料のサービスですが、あなた自身がSNSプラットフォームをコントロールすることができ、どのユーザーが一番あなたのコミュニティーに関わりが深いかも調べることができます。Facebookでファンページを運営した場合、よく「いいね!」を押してくれるユーザーはなんとなく分かりますが、それ以上は何も起こりません。

 

ning
関わりの強いユーザーは把握できる

Ningの創業者、Marc Andressenは次のように話します。

「あなたのブランドに50万人のTwitterのフォロワー、100万人のFacebookファン、そして20万人のYoutubeチャンネル登録者が居るっていうけど、それらを使ってどうするつもり?」

 

Marc_Andreessen_1_Fotor

Ningの創業、Marc Andressen

確かに的を得た問いのように思います。ソーシャルメディアの場合は効果が数字で見えにくいということもありますが、ファンだけ集めて、その後何もしない(もしくはできていない)ということが多いのではないでしょうか。

自分で「すべて」をコントロールしよう


ning
あなたがプラットフォームをコントロール

Ningのコンセプトは、

Most Largest(最も大きい)
Most Scarable (最も拡張が可能な)
Most Customizable (最もカスタマイズが可能な)
Most Integrated (最も交わり度が高い)

そして一番の利点は、自分のコミュニティーのメンバーを自分でコントロールできることです。まだ、FacebookやTwitterのプラットフォームに慣れていると、イメージが湧かないかもしれませんが、プラットフォーム内のルールに縛られず、自分ですべてカスタマイズできます。ある意味本当のオンドメディアですが、ある特定のプラットフォームに頼らないことが今後益々重要になってきます。

 

ning
ワードプレスよりも使える機能が多い

ning
値段は25ドル〜99ドル(14日間はお試し)

Ningのプロダクトディレクター、Jonathan Hullさんは次のような話します。

「NingはSNSの一歩先を行っている。TwitterやFacebookはユーザーやブランドの快適を重視しているが、Ningは次のロジカルなステップに移行している。それはダイレクトオーナーシップだ。」

まだ実際に日本語対応もしていませんし、ユーザーもFacebookやTwitterとは比べ物になりませんが、今後のSNSやウェブ上のコミュニケーションの向かう方向性として、自分がある程度コントロールすることができる、「オウンドメディア」が主流になりつつあります。今後、Ningのようなダイレクトオーナシップを使ってコントロールすることができるSNSに、ユーザーが流れていくかもしれません。

まとめ


ning
Linkin ParkもNingを使っている

物事には必ず終わりがあります。覇権がマイクロソフトからアップルに変わったり、力を持つ国がイギリスからアメリカに移ったように、世の中のパワーバランスは常に動いています。Facebookの次は何だ?と予想するのは、まだ早いかもしれませんが、SNSプラットフォームのパワーバランスも常に動いていて、新しいサービスにユーザーがあっと言う間に流れてしまうことも、常に頭に入れておかなければなりません。

Ningを使ったプロモーションはSPACEBOY株式会社


 

SPACEBOY株式会社 Twitter

ジョブズ氏が無意識に行っていたインバウンド・マーケティング

アップルは人々を磁石のように引きつけます。アップルが会社のオフィスにテレアポをしたり、アップルストアで安売りをしたりしているのが想像できるでしょうか?

 

書店には「アップルから学ぶ◯◯」や「スティーブ・ジョブズから学ぶ◯◯」といった本が山積みになっていますが、実際にどの企業も実行できておらず、(もしくはすぐ挫折してしまい)結局、安売りや従来の営業方法に戻ってしまっています。

アップル_インバウンド_マーケティング
人を磁石のように引きつけるApple

現在は、世界一時価総額の高い企業として誰でも知っているアップルですが、一時は全く売れず、ジョブズは社内の幹部から会社を追いやられてしまったこともありました。

 

アップルがここまでの企業になれた背景には、インバウンド・マーケティングの手法を上手く活用したことが一つの要因でもあります。恐らく、ジョブズが無意識の内に実行していたことだとは思いますが、アップルのマーケティングはインバウンド・マーケティングをかなり意識したものだったのです。

ジョブズ_インバウンド
ジョブズの戦略的なインバウンド・マーケティング

自分達の強みを知る


ジョブズ_インバウンド_マーケティング
What is your strength?

ジョブズがアップル復帰直前に行われたインタビュー(のちにthe lost interviewと呼ばれる)の中で自社の強みを見つけ、その強みを使って、どのように潜在的顧客を惹きつけるが最も重要と答えています。

20世紀を代表する経営学者、ピーター・ドラッカーも、自社の弱みを克服するのではなく、強みに焦点を合わせて、そこをどのように伸ばしていくかを考えるべきだと語っています。

ジョブズ_ロストインタビュー
伝説のロスト・インタビュー

そして、自分たち強み(=他社との違い)をしっかりと意識できたら、それをしっかりと自分たちの言葉で顧客に伝える必要があります。1984年のスーパーボールで流されたCM、Think Diffrentのプロモーション、これらの中で、アップルはコンピューターの質やスペックの速さなどには一切触れていません。「他社とは違うという文化」を顧客に間接的に伝えるための、戦略的なインバウンド・マーケティングだったのです。

think-different
Think Differnetのプロモーション

ジョブズの有名な言葉に、次のようなものがあります。

 

「What do you want people to think when they visualize your brand?」
「顧客があなたのブランドを思い描く時、どんな風に思われたいか?」

 

インバウンド・マーケティングのコンセプトは「準備できたら私のところに来て!(I am here when you are ready)」です。

ジョブズ_インバウンド
準備できたら私のところに来て

ITやWebが発展した現在では、テレビコマーシャルを打つ必要はありません。SNS、ブログ、そしてYoutubeと顧客に自社のイメージを伝える手段はいくらでもあります。ひとつのブログ、ひとつのツイート、そしてひとつの動画があなたの会社のイメージを作っていくことになるのです。

顧客をコントロールするためにストーリーを語る


ジョブズ_ストーリー
良いモノには、良いストーリーを

もしかすると、あなたの会社の商品やサービスはすでに「強み」を明確し、他社との差別化を図っているのかもしれません。自社の強みを明確にした後、重要になってくるのがストーリーです。

 

アメリカで最も国民に愛された大統領、ロナルド・レーガンは政治のことなど全く知らない、ただの俳優でしたが、素晴らしいストーリーテラーとして国民に愛されました。

ジョブズも最高のストーリーテラーだったことは、ご存知かとは思いますが、人間はただただ、ストーリーや童話が大好きなのです。
ロナルド_レーガン_スピーチ
素晴らしいストーリー・テラーであった、レーガン

インバウンド・マーケティングは他人に役立つ情報を発信したり、良いコンテンツを作りユーザーに見つけてもらうことが大事ですが、それだけでは十分ではありません。あなたがどのようなオフィスで仕事をしていて、どのような経歴を持ち、どのような考えを持って働いているかをストーリー立てて伝えていく必要があります。

孫正義_インバウンド
どんどんビジョンを語る孫正義さん

ちょっとぐらい大げさに語ってみたり、クサイ感じになってしまっても大丈夫です。商品やサービスで他社と差別化を計るのは少し難しいかもしれませんが、ストーリーは会社によって絶対に違うはずです。誰にも共感してもらえるストーリーを作って、ウェブ上でどんどんブランド化していきましょう。

まとめ


ジョブズ_インバウンド
さぁ、ブランディングをしよう

ジョブズ率いるアップルは無意識の内にインバウンド・マーケティングを実行していました。

 

マーケティングの基本として、他社との差別化を計ることはよく語られますが、ジョブズはそれを「どんな風に思われたいか?」というイメージで表現しました。そのイメージとあなた語るストーリーが、ユーザーや顧客を刺激したとき、問い合わせという次のプロセスのつながるのではないでしょうか。

1ドルの投資が12.5ドルの利益を生む

店内にWifiを設置している企業は日本ではまだまだ少ないのではないでしょうか。オムニチャネル・マーケティングが日本よりも進でいるイギリスでも、76%のロンドン市内の小売店はまだ店内にWifiを設置をしていないそうです。


欧米でも店内Wifiはまだまだ

日本ではセブン・イレブンが店内にWifiを設置して、企業のオムニチャンル化を進めていますが、これからは、「顧客のすべてのわがままに答える」というコンセプトを元に、企業はオフラインとオンラインとの両方から顧客にアプローチしていかなければなりません。

セブンイレブン_wifi
セブンイレブンのWifi

すべての「中途ハンパ」をひとつブランドに統合


ブランドの統合
チャンネルを統合して太いパイプを

これだけウェブやITが手軽になった世の中では、eコマース、ソーシャルメディア、そしてウェブマガジンなどは簡単に立ち上げることができます。しかし、国内のECサイトで年間3000万円以上の売上を上げるのは全体の3割程度、さらにソーシャルメディアで直接利益を上げることができている企業はさらにもっと少ないのではないでしょうか。

今後、企業が真っ先に実行しなければいけないことは、これまですべて中途ハンパに始めてしまったこと(もしくは中途ハンパに終わってしまったこと)をすべて統合し、顧客が店舗に居ても、パソコンの前に居ても、さらには電車の中で企業のツイッターを眺めていても、同じ体験ができるようにしなければなりません。
オンラインショッピング
チャンネルを統合することで売上をアップ

あるドイツのリサーチでは、多くの顧客がオンラインで買い物をした際に、別のモノもまとめて一緒に買っていることが分かりました。この調査結果から分かることは、もしも小売店がオムニチャンル戦略をうまく使い、オンラインとオフラインをうまく統合できたなら、企業はさらに価値を作り出すことができ、この統合からさらなる収益を生むことができるのではないでしょうか。

1ドルの投資が12.5ドルの利益を生む


オムニチェネル
オムニチャネルは費用対効果が抜群

ユニクロなど大型店舗は別ですが、アパレル系のお店に行って、自分の気に入った服のサイズや色が品切れだった経験はないでしょうか?アメリカでいち早く、オムニチャネル戦略を導入した、大手百貨店メイシーズは、オムニチャネルの本質を次のように話しています。

「Inventory optimization through technology」(テクノロジーを通じた在庫の最適化)

お店の店員がスマホやタブレットを持ち、その場で他の店舗の在庫にアクセスして、在庫をそのままお客さんの自宅に届けるようなサービスを実施しています。

Wifi_ショッピング
人とスマホはもうセット

Gapやバナナリパブリックのeコマースサイトは、スマホで商品を1日5つまで予約でき、確認のEメールを受信した後に実店舗でピックアップできる仕組みを作っています。

IBMが2010年から5年間で2兆円を投資をし、開発し続けている「スマーター・コマース」(オムニチャネルを使った統合型ソリューション)の投資に対する効果は平均9ヶ月で、1ドル投資に対してリターンが12.5ドルという結果が出ています。

メイシーズの本格オムニチャネル化


メイシーズ
2010年にオムニチェネルを導入したメイシーズ

日本では大手百貨店から顧客離れ、今後どのように顧客を取り戻していこうかと担当者を悩ませています。アメリカの大手百貨店であるメイシーズも同じような状況にありましたが、2010年にオムニチャネル戦略を導入以来、売上を着実に伸ばしています。

メイシーズのオンラインの売上は、2010年から2011年の間で40%増、2011年から2012年も40.4%増とオムニチャネル戦略が現在のトレンドであることが伺えます。

オムニチェネル
大手百貨店が活気を取り戻した

メイシーズのオムニチャネル戦略は店員がただ在庫を調べるだけではなく、その場でモバイル機器を使って、商品の詳細やレビューを調べたり、ライバル店の価格と比較までして顧客の満足度を上げます。

メイシーズ スマホ
顧客のわがままに全て対応

こちらの記事でも指摘しているように、オムニチャネルを成功させる鍵は、ハード面、組織面、そして人材面を総合して改革していく必要があることが分かります。

まとめ


メイシーズ_ショッピング
さぁ、未来の買い物へ

日本企業では、セブンイレブンや無印良品など、比較的に先進企業しかまだオムニチャネル戦略を導入していませんが、今後、行き先が不明確な大手百貨店などは、メイシーズの成功例を元にどんどんオムニチャネル化を進めていく必要があります。

顧客を満足さえる仕組みを作るには数年かかるとは思いますが、今後の大きな道筋になることは間違えないです。