SPACEBOYブログ

オムニチャネルマーケティングについて考えるブログ

人工知能で人生をもっと楽しく スペースボーイ株式会社

最先端IT企業に学ぶ、「社員満足度」を「生産性」に変える方法

「どのように働くか」もしくは、「どのような職場にしていくか」というのは、従業員、もしくは経営者の方にとっては永遠の問題であり、工業時代で右肩上がりの経済が終わった日本では、「職場環境」によって、「生産性」が大きく変化します。

最近では「フレックス出勤」や「ノマドワーク」など、ある程度時間を拘束せずに働くことができる職場環境を整えている企業も増えてきましたが、まだまだとりあず、9時〜18時という「時間」を束縛して、生産性を考慮していない企業が多いようです。

今回は、「グーグル」、「フェイスブック」そして、「ザッポス」と最も働きがいがある企業に毎年選ばれる企業に焦点を当てて調べてみました。

「社員の満足度」=「生産性」



フレックス出勤


「グーグル社」と「フェイスブック社」に共通していることですが、労働時間という観点で社員を管理していません。基本的にはフレックス出勤で、自宅で仕事をする従業員も多いようです。以前、博報堂の方か聞いたのですが、基本クリエイティブな仕事をする人はプロジェクト単位で動くため、特に出勤時間など決まっていないそうです。

職場環境を「最高」にする


ご存知の方も多いとは思いますが、「グーグル社」や「フェイスブック社」の食堂のクオリティーがハンパではありません。世界中のヘルシーな料理が並ぶのは勿論ですが、さらにグーグルは戦略的に動いていて、豪華な食事を食べるために社員が食堂に並びます。その時に、社員同士がお喋りをすることで、新しいアイデアが生まれるように仕向けています。

グーグル_食堂
Google食堂で食べられるシリアル


グーグルのディレクターのDan Cobleyさんは次のように答えています。

 

「社員同士がお喋りをすることで、お喋りがアイデアになります。そしてそのアイデアがプロジェクトになるのです。」

 

フェイスブック社では、会社が自分の机を飾るために予算を用意してくれたり、社内でのふすまを一切無くすことで、社員同士がコミュニケーションを取りやすいようにしています。

フェイスブック_オフィス
フェイスブック社の様子



昔、ビル・ゲイツさんが大学のキャンパスのようなオフィスを作りたいと言っていましたが、社員を満足させると生産性が上がるというのは、現在の「グーグル社」や「フェイスブック社」を見ていると、それが正しいことが良く分かりますね。

企業の「文化」が会社の「強み」を作る


ザッポス_文化
個性溢れるザッポスの社員


最近では、多くのモノやサービスをインターネットで購入することができ、一回も対面でお客さんと会わずにすべて完了するサービスも増えてきました。

「ザッポス」のサービスがその典型的な例ですが、すべてがインターネット上で行われ、対面でお客さんと会うことが一度もない場合、「会社の文化」をしっかりと持ち、それをしっかりと外に伝えていくことが大切になります。

 

例えば「ザッポス」では、長時間の電話対応(今までの最高記録は9時間)や、通常数日かかる発送を翌日配達にしてお客を驚かせたりと、常にお客さんを"WoW"と言わせる「サービス」が有名ですが、その「"WoW"と言わせるサービス」を作るために、「ありのままの自分でいる」という企業文化を大事にしています。CEOのTony Hsiehさんは次のように述べています。

 

"多くの人が週末と社内ではまったく違う人間を演じています。一番重要である「個性」を家に置いてきてしまっている。私たちの会社では従業員は家でも社内でもまったく同じ人間であってほしい。"

ザッポス_企業文化
CEOのTony Hsieh


Tony Hsiehさんはハーバード大学在学中に、「LinkExchange」というサービスを立ち上げて、マイクロソフト社に265億円で売却しました。しかし、働き詰めの生活に疲れて、「毎日オフィスに行くのが楽しみな会社」を作ろと決意し、ザッポスを作ったそうです。


まとめ


歴史ある大手企業のように、上から下まで「会社の文化」で染め上げることもできますが、現在世界をリードをIT企業の「文化」は全く逆の傾向が見られます。企業が「個性」を出しやすい環境をしっかりと作り上げて、「個人」が個性を謳歌し、それが自然と一つにまとまることで、「企業文化」として現われてくるのではないでしょうか。

自分が100%コントロールできる、メディアを作ろう

ソーシャルメディア、リスティング、DSP広告など、現在では様々な方法で集客をすることができます。Facebook広告、Google広告、そしてDSP広告ともに非常に効果的なのですが、GoogleやFacebookの状況によってその効果が変わってきます。例えば、現在Facebookは、ユーザー数も伸びていて、経営も良好ですが、いつ経営が悪化し、経営状態が悪くなるか分かりません。

 

Facebookを使うユーザーが減ってしまっては、せっかく集めた「いいね!」の意味がなくなってしまいます。さらにFacebookの中のプラットフォームでは、どれだけFacebookページに「いいね!」を持っていようと、「Facebook社」がオーナーであり、Facebookページはあなたの所有物ではありません。特にリスク回避をするという意味ではありませんが、今後、小さなスタートアップがどんどん新しいサービスを作り、その中でユーザーの奪い合いになります。

そのために、どんなメディアにも邪魔をされない自分だけのメディア、いわえる「オンドメディア」を作る必要があるのではないでしょうか。

まず、「オンドメディア」とはなんぞね?


オウンドメディア
まずはオンドメディアをしっかり理解しましょう。


Webマーケティングをしていくなかで、「メディア」というと大きく分けて3つあります。オンドメディア(Owned Media)アーンドメディア(Earned Media)そして、ペイドメディア(Paid Media)です。

Owned Media


まず、オンドメディアとは、自分でユーザーをコントロールできるプラットフォームのことで、例えば、自分自身のブログ、Facebookページ、もしくは自分のYoutubeチャンネルなどがこの中に含まれます。

基本的に「オンドメディア」とは何か良いコンテンツ(あなたが自社の商品やサービスについて書いた記事)を経由してコンバージョンに結びつける自社メディアのことを指します。

「オンドメディア」はこのあとご紹介する、「アーンドメディア」や「ペイドメディア」に比べて集客コストは圧倒的に安くなりますが、ユーザーからの信頼を得たり、「価値」のあるサイトだと思われるまで、投資し続けなければなりません。

Paid Media


「ペイドメディア」は簡単に言えば、「お金を払ってユーザーや顧客」を獲得するメディアで、メインとなるのは「広告」です。お金を払うので短期間でユーザーを自分のサイトに誘導できますが、広告をストップしてしまうと、ユーザーが突然いなくなってしまう可能性があります。

Earned Media


「アーンドメディア」を簡単に説明すると、顧客やユーザーがあなたの商品やサービスについて、コミュニケーションを取る場所のことを指します。あなたの商品やサービスの「口コミ」というのが一番分かりやすいのかもしれませんが、場合によっては、ネガティブな情報が広がってしまう場合があり、それを自分ではコントロールすることができないので、気を付ける必要があります。

参考: 「3 Media Types that Influence your Bottom Line」 「WHAT IS EARNED , OWNED & PAID MEDIA? THE DIFFERENCE EXPLAINED」「Your Content Strategy: Defining Paid, Owned and Earned Media」

「オンドメディア」を中心にすべてのメディアをうまく使う-コンバートメディア


オウンドメディア
すべてをうまく使いレバレッジをかける。


では、「オンドメディア」を作るために、サーバーをレンタルし、そこにワードプレスを入れて、コンテンツをどんどん上げてWebマーケティングを始めました。しかし、あなたが有名人であったり、その業界で知られた人でなければ、この情報がありふれた世の中では、誰もあなたのブログを読んではくれません。そこで、自分自身が100%コントロールできるメディア、「オンドメディア」にユーザーを集めるために、「ペイドメディア」や「アーンドメディア」をうまく活用します。

 

例えば、Facebookページを作成し、Facebook広告(月に数万円程度)を使ってユーザーを集客し、そのユーザーをあなたのホームページ(オンドメディア)に連れていきます。なぜなら、いくらあなたが良い情報発信をしていても、「知って」もらえなければ意味がありません。まずは、「知って」もらうとこと、そしてあなたのブログを定期的に覗いてくれるようにすることが重要なのです。

 

Googleの自然検索で上がってくるのを待つのもひとつの手ですが、私の経験上、誰を見てくれていない中で、クォリティーの高いブログを書き続けるのは、正直結構シンドイです。多少誰かに見られている感があるからこそ、モチベーションが上がるのではないでしょうか。

参考:「Your Content Strategy: Defining Paid, Owned and Earned Media」

まとめ


まずはすべての「メディア」の特性を理解し、最初の内は平行して使っていくの良いでしょう。オンドメディアやアーンドメディアにユーザーが集まってきたら、ペイドメディアを少しずつ減らしていきます。最初はどんな良いコンテンツを作っても、なかなかネット上で見つけてもらえませんが、その際は投資だと思って資金を使いユーザーを自社のサイトに誘導しましょう。

Facebookだけのプラットフォームに依存するのは危険か?

最近では(2013年11月現在)、都内や海外の友人だけではなく、地方の中学や高校の同級生までFacebookアカウントを持ち始めました。大体1年に2,3回は、現在のFacebook公式ユーザー数が公開されますが、実際には、全世界で何人の人がアカウントを持っているかは、おそらくFacebook側も把握していません。

2012年の時点で、FacebookのCEOであるザッカーバーグさんは、Facebook自身も実際に何人の人がFacebookを使っているかは分からないということを認めています。

噂が飛び交う公式Facebookユーザー、そしてFacebookの今後


2013年11月19日時点での、Facebook公式の月刊アクティブユーザーは11億9,000万人です。そして、日刊アクティブユーザーは7億2,800万人です。

facebook_アクティブ_ユーザー
Facebook月刊アクティブユーザー

facebook_q3_2013_daily-730x529
日刊アクティブユーザー

恐らくFacebookに登録しているアカウント数は、この数で大体間違えがないと思いますが、もちろんこの中には偽造アカウントも含まれており、この偽造アカウントの数がどれくらいか、というところが一番気になるポイントでもあります。(恐らくこれが理由で、ザッカーバーグさんも公式なアカウント数を把握できないのだと思います。)

ITWorldの記事によれば、アメリカのかなりの数のユーザーが、少なくても2つ以上のFacebookアカウントを所持しており、複数のアカウントを様々の理由で使い分けているようです。中にはアメリカのFacebookアカウントの半分ほどは偽装アカウントではないかと指摘する人さえいます。

Facebook側の予想としては大体5〜6%は偽装アカウントではないかということですが、この辺りはさすがに調べようがありません。最近日本でも偽装アカウントから友達申請をしてFacebook情報を抜き取るという手法が流行りましたが、それを考えると実際の日本のFacebookユーザー数もどこまで正確なのかは不明ですね。(最新では約2100万人)

伸び続けるFacebookユーザー、でも欧米ではFacebook離れが加速中?


Facebook_ユーザー数減少
米国では若者のFacebook離れが懸念されています。

最近、欧米のメディアを見ていると、「若者のFacebook離れ」という記事をよく見かけるようになりました。Huff Postの記事によれば、アメリカとイギリスでは毎月100万人のユーザーを失っているのではないかとのことです。私もアメリカに長く留学していたこともあってか、欧米にも友達が多いのですが、数年前に比べて「投稿」の数が減ってきたように思います。

理由としては、欧米の若者は、Tumber、Pinterest、Instagramを使っているという噂もあれば、アメリカの若者は「Snapchat」というアプリに夢中だと報じるメディア、欧米ではFacebookが当たり前になり過ぎてしまって、もう「ブランド力」を失ってたのではないかという記事も見かけます。

 

実際に、FacebookのCOO、Sheryl Sandbergさんもアメリカの若者のFacebook離れについては認めています。今後インターネット上で「本人」を特定するソーシャルメディアの流れは加速するとは思いますが、このままFacebookが独占的なブラットフォームを保つかといえば、それは少し違うのではないかと思います。

日本での今後のFacebookマーケティング


日本のfacebookユーザー
気になる日本のマーケットは

海外ではFacebookのアクティブユーザーが多少減ってきているようですが、日本では「最近Facebookを使わなくなった」というのはあまり聞いたことはありません。地下鉄に乗ると大体左右のどちら人は、Facebookをフィードをチャックしているイメージがあります。楽天はFacebookの「いいね!」が増えると、売上が上がるということを発見したらしく、現在ではいろいろなFacebookアプリケーションを作って「いいね!」獲得に乗り出しています。

 

ただこの状況があと何年も続くかといえば、それは恐らくないのではないかと思います。Webマーケティングの需要は増え、ソーシャルメディアのプロモーションは増えていくのは間違えないのですが、それがすべて「Facebook」上で行われることはないです。Facebookなど所詮プラットフォーム、今後も存在感を見せる企業だとは思いますが、Faecbookだけに頼ってWebマーケティングしていくのは少し危険かなと思いました。

まとめ



日本ではFacebookユーザーは減るどころか、どんどん増えていますが、アメリカでは明らかに若者のFacebook離れが目立ってきています。今後、アメリカでもFacebookは最も影響力のあるSNSプラットフォームの一つとして地位を保っていきますが、やはり何があるかは分かりません。しっかりと他のプラットフォーム、もしくは他の媒体も平行に使っていくことで、「自分だけの強いメディア」を作ることができるのではないでしょうか。