SPACEBOYブログ

オムニチャネルマーケティングについて考えるブログ

人工知能で人生をもっと楽しく スペースボーイ株式会社

SNSを使って世界一稼いだ男:「誰も信じるな! 自分で使ってみて、3年後に語り合おうぜ!」

ソーシャルメディアを使って世界一稼いだ男、Gary Vaynerchukさんは言います。

「正直に言おうか。俺はどのプラットフォームが流行るとか、費用対効果が良いとはどうでもいいんだ。実際にそれぞれのプラットフォームを自分で使ってみて、3年後に話そうぜ! 」


HireMeGaryVaynerchukTHUMBNAIL_Fotor
↑Gary Vaynerchukさん:「誰も信じるな!」自分で使ってみて、3年後に話そうぜ!

ゲリーさんがEmailマーケティングを始めたのは1997年。当時のメール開封率は80%、そしてクリック率は60%もあったそうです。そして2006年にYoutubeマーケティングを始めた時も、まだ人々がまだ注目していなかった頃に始めたため、今では考えられないほどのViewerがいました。キーポイントとなるのは新しいプラットフォームが登場したら、できるだけ早く使って結果を出すことだとゲリーは指摘しています。


最近、Gary Vaynerchukさんの新刊がアメリカで発売されました。題名は「Jab,Jab,Jab, Right Hook」「Jab」とはボクシングのジャブのことで、ユーザーが欲しがる情報であったり、喜ばせたりするコンテンツ、「Right Hook」とはコンバージョンを得るための仕掛けのことを指します。

あなたの会社がどんな会社であろうと、まず一番最初にしなければならないことは、ユーザーに商品を購入してもらうために、「ストーリー」を語ることだとゲリーさんは指摘します。

Jab-Jab-Jab-Right-Hook
↑新刊:「Jab,Jab,Jab, Right Hook」

 営業トークなどもそうですが、あなたの魅力はどれだけ魅力的な「ストーリー」を語れるかにかかっています。機械的な投稿やツイートではなく、ネイティブのトーンで、感情的にユーザーに語りかけなければいけません。

ソーシャルメディア成功の公式は、

ニッチなコンテンツ(Micro-Content)+ コミュニティーのマネージメント力 = 効率的SNSマーケティング

オムニチャネル:すべてのプラットフォームをうまく使いこなせ!

gary_vaynerchuk のコピー_Fotor
↑自分の一番快適なプラットフォームを見つける。

この本の中で、ゲリーさんはそれぞれのプラットフォームの今後の展開を予想しています。

2013年現在、まだまだFacebookとTwitterが優勢ですが、今後はそれぞれのプラットフォームの中で、その「独自性」を最大限に活かしたマーケティングをしていかなければなりません。すべてのプラットフォームを使って色々な角度からアプローチすることはできますが、そのプラットフォームにあったコンテンツをしっかりと配信していくことが一番重要になってくるのです。

Facebook

data_Fotor


現在ではほとんどユーザーがモバイル環境に移行しつつあります。少し前まではFacebook広告を出せば、安い単価でファンを集めることができましたが、モバイル環境になると広告を出すスペースが格段に少なくなるため、もう安い単価でファンを集めることが難しくなるだろうとゲリーさんは述べています。


また、最近の若者のFacebook離れについては、若者はどんどん新しいプラットフォームに移ることができるが、30代、もしくは40代の年齢のユーザーはなかなか使い慣れたプラットフォームを離れることはできないだろうと指摘しています。


モバイルの次の登場するのは、グーグルグラスのようなツールになるとは思いますが、それまでは常に「モバイル環境」を意識して開発を進めなければいけません。

2013年、CEOのザッカーバーグさんはFacebookを「モバイル・カンパニー」にする事を表明しました。現在では41%の広告収益はモバイルからきているそうです。

Twitter

Twitter-Login-Failed


もしFacebookがフレンドシップを築くためのプラットフォームなら、Twitterはニュースと情報のためのプラットフォームになります。Twitterは顧客の正直な意見を聞くためには非常に優れたツールです。僕も最近、記事を書くようになってから、いろいろとTwitterで意見をいただくようになりました。賛成の意見、批判の意見と共にありますが、ユーザーの本当の気持ちを聞けることは有難いことだと思っています。

ゲリーさんは、Twitterはマーケッターにしてみれば、夢のようなツールだと言います。Twitterの検索を使えば、あなたのビジネスに関するトピックについて会話しているユーザーを見つけることができ、そのユーザーをフォローして、あなたの「ストーリー」を伝えることもできるからです。

Tumblr

Tumblr-New-Login-Page

もし、あなたがまだTumblrをうまく使いこなせてなければ、まだ競争者が少ない内にプラットフォームに慣れておくべきだとゲリーさんは指摘します。Tumblrはユーザーに価値のあるコンテンツを与えるためには非常に良いプラットフォームで、コンテンツの一番下にホームページへのリンクを貼ったりすることで、直接売上を上げることができます。

Tumblrは11億ドルでYahooに買収されましたが、「Yahooの傘下に入る」というイメージはあまりなく、YahooはTumblrの経営にはほとんど口を出さない(もしくは出せない)方針のようです。今後Tumblrは少し強気の広告戦略を取る可能性もありますが、FacebookがInstagramを買収した時のように、TumblrはTumblrのままでこれからも成長していくだろうとゲリーさんは予想しています。

LinkedIn

New-LinkedIn-app_Fotor

ゲリーさんは今後24ヶ月以内に、ユーザーはLinkedInをFacebookと同じ感覚使う時代が来るだろうと予想しています。もしFacebookがダイニングルームでみんなが楽しむ場所であれば、LinkedInは図書館であり、自分の「やらなければならないこと」を片付ける場所になります。


LinkedInにアクセスしているユーザーは、仕事を探したり、ビジネスパートナーを探したりと常にプロフェッショナルな出会いを求めています。従って、LinkedInで成功するためには、クリエイティブでスマートな印象を相手にもたせて、他のユーザーは違うところをアピールしていかなければなりません。


Google+

123700-1-google_Fotor

Google+は現在の時点ではまだまだ先の見えないプラットフォームです。ただ、ひとつ大きな売りとしては、Google+のアカウントを持っていることでSEO対策に有利になります。僕もあまり使っていないので分かりませんが、できることはFacebookの機能と変わらないため、ユーザーがなかなか使い方を見つけ出せないのかもしれません。

しかし、今後5年以内にGoogleグラスが発売されれば、Google+はFacebookのライバルになる可能性が高くなります。なぜなら、現在多くのユーザーがモバイルにシフトしていますが、数年後には多くのユーザーがモバイルからGoogleグラスにシフトする可能性が高いからです。

まとめ

c1e804cbf3_jjjrh-feature_Fotor

↑「Jab,Jab,Jab, Right Hook」はKindleで買えます。


それぞれのプラットフォームには、それぞれの「使い方」があります。よく自動投稿の設定をして、Twitterの投稿をそのままFacebookに飛ばしている人がいますが、明らかにソーシャルメディアの使い方を間違えています。


例えば同じ内容の投稿でも、他のプラットフォームでは、「異なった発信の仕方」をしなければなりません。またこれからも毎年のように新しいプラットフォームが生まれては消えていきますが、ゲリーさんから学ぶことは、あなたが先駆者になってそのプラットフォームを使ってみることがSNSで成功するカギだと言えます。


よく日本では、新しいプラットフォームに注目が集まる度に、「◯◯をビジネスに活かす本」みたいなものが出ますが、ほとんど当てになりません。さらに、前から何度かこのブログでは書いていますが、日本のWebマーケティングは最先端のアメリカに比べてまだまだ遅れています。今では海外の書籍もKindleを使えば、ボタンひとつで買うことができるので、辞書を片手に読んでいくだけでも、最先端の情報に触れることができます。


「遅れている」ということは市場全体から考えたら悪いことですが、「個人」や「企業」として考えた時、その「遅れ」は「利益」に変えることができます。


常にゲリーさんのようなインフルエンサーの発信する情報に注目して、自分なりの成功法則を考え出す以外、成功の道はないのかもしれません。


SPACEBOY株式会社 Twitter 

Instagram:「なんで、若者がFacebookから離れてるかって?それは美しくないからだよ」

撮影した写真にちょっとしたフィルターをかけて、写真を何倍も美しく見せる、そんなユーザーの小さな、小さなニーズを満たしたInstagaramはリリースからたった2年でFacebookに約1000億円で買収されました。


Instagram-The-Timeline-1024x752_Fotor
↑本当に小さなユーザーのニーズを拾い上げたInstagaram

GoogleがYoutubeを買収した時もそうでしたが、多くの人が、「いくらなんでも払い過ぎではないか?」と首をかしげました。最近、アメリカでは若者のFacebook離れが深刻だという噂を良く聞きますが、それとは反対に若者のInstagaramユーザーはどんどん増えています。

これは僕の個人的な意見ですが、欧米などで若者がFacebookから離れていっている理由は、ユーザーがものすごくシンプルな友達とのやり取りを求めているのに対して、Facebookが広告を導入したり、友達が特に興味ない記事をやたらにシェアすることによって、自分のニュースフィードが荒らさせていることが原因ではないかと思います。

Instagramにテキストはほとんどはほとんど存在しません。 クオリティーの高い写真をアップして、「ビジュアル」よってユーザーのエンゲージメントを高めていきます。最近始まったInstagaram広告について、CEOの Kevin Systromさんは次のように述べています。

「広告を見た5%のユーザーが写真に対して「いいね!」を押している。これはほとんどの広告が無視されるインターネットの世界ではもの凄い数字だ!」

6878f098ece67d99bc28b3a2b74e6c0b7abc6054
↑Instagram CEOのKevin Systromさん

イメージは「感情的」にユーザーを引きつけます。Mashableの記事よれば、Facebookの投稿で写真がある投稿は、写真のない投稿に比べて交流の頻度が39%も上がるそうです。 「ビジュアルでアピール」、結構簡単にできそうですが、写真にかけるフィルターや色調補正、その写真に付け加える一言のコメントなど、ものすごく慎重に考えなければ、結果を出せない厳しい世界でもあるのです。

「テキストで伝えることが時代遅れ」だと感じた企業が動き出す。

instagram-ad_Fotor
↑「ビジュアル」は簡単そうに見えるが「テキスト」以上に気を使う必要がある。

優良企業の22%がInstagramをマーケティングに使用

「Instagaram、ビジネスで使ってますか?」 こんな問いをコーワーキング・スペースのちょっとITリテラシーが高い人達にしてみても、まだ反応はいまいちです。日本ではまだまだ一部のクリエイターしかInstagramをユーザーとして使っているイメージがありませんが、アメリカの若者のコミュニケーションはどんどん簡易的になっており、Instagaramでコミュニケーションすることがどんどん増えています。

26
↑LevisのInstagramプロモーション

46
↑General ElectricのInstagaramプロモーション

スクリーンショット 2013-12-17 22_Fotor
↑LexusのInstagramプロモーション

上記のようにさりげなく、商品や企業のブランディングを計る写真が多いのが特徴です。恐らくこの写真一枚一枚は、ものすごく考えて作られているとは思いますが、テキストを一切含まず、鮮明的なビジュアルでユーザーの脳にうったえかけています。

現在ではフォーチュン500に入っている企業のうち、123社(22%)がすでにInstagramをマーケティングに使っています。

Hashtags、はっしゅたぐ、そしてハッシュタグ!

Instagaramを使ってマーケティングをする際、あなたの企業が誰でも知っている有名企業でない限り、ハッシュタグを付けなければ、誰もあなたを見つけることができません。ある大手企業のデータをもとにした調査によれば、4個から11個のハッシュタグを付けることによって、一つの投稿に対して平均77回の交流が増えるとのことです。Kevin Systromさんは次のように話します。


「現在では興味があることを探す場合、ハッシュタグなしで探すのは非常に難しいです。」


「世界中でのイベントをどのようにライブで伝えるか?ロンドンで暴動が起こったら?ワールドシリーズはあなたをどんな風に興奮させるだろうか?」


Instagaramの次の機能として期待されているのが、場所と同じイベントを共有している人をうまくハッシュタグを使って集め、マップ上で綺麗に表示させることです。


instagram-discovery-by-location
↑Instagramが目指す新しいサービス


InstagramはTwitterの「ビジュアル版」になるのでしょうか。SNSサービスはTwitterやFacebookが覇権を握っているように見えますが、ユーザーの小さい、小さいニーズをまだまだ拾いきれていない気がします。世界のライブイベントの写真を一箇所に集める、こんなサービスが始まったら世界がまたより良くなりますね。


中小企業こそ思う。「テキストはもう古い」

mission-bicycle
Instagram:オンライン上のプロフィール

お金が無いなら、無いなりのマーケティングを

Instagramがオンライン上のプロフィールフィードをリリースしたことで、Instagramがマーケッターにとって、とても使いやすいものになりました。大企業はどんなサービスでも、ある程度の資金をかけて展開しますが、一切資金をかけず、毎日地道に写真をアップしていくことで、ユーザーの信頼を得ている中小企業が海外では増えてきています。

ニューヨークで個別のアートレッスン教室を開いている、Valeen Parubchenkoさんは生徒が、作品を作る工程を写真に取り、Instagaramにアップしています。その写真を生徒の親がシェアすることで、彼女のアート教室にどんどん新しい生徒が入ってくるそうです。Parubchenkoさんは次のように話します。

「有料広告は一切やっていないの。だから"自分自身のマーケティング"をして顧客にどんどんアピールしていくのよ!」

valeen13
↑頻繁に生徒の作品を公開している。

すで中小企業でもInstagramを使って直接、売上に繋げている企業もあります。ポイントは上記でも述べましたが、正しい「ハッシュタグ」を付けることにあります。

ウェディングのコンサルティング・ファームを経営する、Meghan Elyさんは次のように話します。

「Instagramでは"正しいハッシュタグ"を付けることで直接の売上に繋がるわ。ユーザーがいつ、もしくはどこでこの商品が購入できるか聞いてくるの。そうしたら、ただちにその商品が買うことができるWebサイトへ誘導するのよ。」


ofdconsulting
↑正しいハッシュタグを付けることが売上に繋がる

まとめ

instacostume2

↑さぁ、綺麗な画像だけの世界をネット上に作ろう

冒頭でも書きましたが、インターネット上でのコミュニケーションはどんどん「簡単な方法」にシフトしています。インターネット上のコミュニケーションは、ホームページから始まり、ブログ、Facebook、Twitterとテキストの文字数がどんどん少なくなってきています。以前から何度かこのブログでは書いていますが、実際にはインターネット上のコミュニケーションだけではなく、リアルの世界でも、どれだけ物事を簡単に、そしてシンプルに伝えられるかが重要視されてる時代になってきています。


photo (4)
↑僕のInstagaramページ(@4chikara)

僕が中学生の頃、J-Phoneから始めてカメラ付きの携帯電話が発売されました。カメラ付き携帯の普及によって写真を取るハードルは一気に下がりましたが、友達に見せる程度で、とてもインターネット上に公開できるようなレベルの写真ではありませんでした。

Instagramの普及によって、手軽に撮った写真を簡単に加工して、誰でもプロが撮ったような写真を作れる環境が整いました。これからインターネット上の「ビジュアル」は第2フレーズに入るのではないかと思います。「ビジュアル」自体には価値は生まれませんが、どれだけモノを美しく撮るか、例えば撮影の角度であったり、色調補正に気を使ったりすることがもの凄く重要になってくるのではないでしょうか。

量ではなく、センスが問われる時代になってきましたね。

SPACEBOY株式会社 Twitter 

Youtubeプロモーションに必要なのは、勇気と想像力とほんの少しのお金だ

まずはこの12歳の少年の歌を聞いていただきたい。



彼は6年後こうなる。

 


面倒さくて動画を見なかった人のために。

 hqdefault_Fotor


もう一度言おう。6年後、彼はこうなるのだ。

cn_image-size-justin-bieber-concert-fainting_Fotor


スクリーンショット 2013-12-16 11_Fotor
↑コンサートともなればこんな感じ


彼の名前はジャスティン・ビーバー、弱冠18歳のポップシンガーです。彼は小さい頃から自分が歌っている姿をビデオに取り、それをYoutubeにアップしていました。並外れた歌唱力を持つ歌手を探し求めていた元So So Defマーケティング担当役員のスクーター・ブラウンさんが、偶然ビーバーの動画をクッリクしたところから彼のスター人生はスタートします。

それからというもの彼のCDは世界中で売れに売れ、現在では世界で最も影響力のあるヤング・アーティストとして活躍し続けています。動画はあなたやあなたのサービスをありのままに写し、テキストよりも何十倍もの効力を発揮します。

月間で60億時間の動画が再生され、1分間に100時間の動画がアップロードされる、世界第二位の検索エンジン規模を誇るYouTube。Youtubeが登場した当時、著作権などは完全に無視され、テレビ番組やアニメなどが数多くアップロードされていましたが、現在ではその辺りも徐々に整備されつつあり、本格的にマーケティング・ツールとして使われて始めています。


Youtube広告を出してあなたのモチベーションを上げよう

PSY_ERIC_Fotor
↑18億再生回数を持つYoutubeのスーパースター、PSYさんから踊りのレッスンを受けるエリック・シュミット氏


あるリサーチによれば、日本に存在するブログの数は世界一なんだそうです。しかし、日本人の中ではまだ積極的に動画を使ってマーケティングをしている企業をあまり見かけません。それは日本人特有の文化の違いが影響していると思いますが、これが利益を生み出すビジネスということであれば、話しは別なのではないでしょうか。


ブログをやっている方は、お分かりになると思いますが、読んでくれる人が少ないとなかなかモチベーションをキープすることができません。もちろん、Webマーケティングに関しては色々な意見があり、やり方もバラバラですが、僕はモチベーションを上げることも含めて、最初は有料広告を使ってユーザーを増やしていくことをオススします。

Youtube広告の種類

TrueView in-stream ads

YouTube-TrueView-ads_Fotor
↑True View in-stream ads

「True View in-stream ads」はテレビコマーシャルと良く似ています。ユーザーがYoutube動画を見ている前後に表れる広告ですが、5秒経つとユーザーは広告をスキップできます。広告主は30秒以上、広告動画を見られるとチャージされる仕組みになっています。

ただテレビコマーシャルと決定的に違う点は、ユーザーが検索したキーワードや興味のある分野によってターゲットを絞って動画広告を出すことができます。

さらに「True View in-stream ads」はモバイルでも表示されます。こちらの記事によれば25%のYoutubeユーザーはモバイルで動画を見ているという統計があり、今後もどんどんモバイルユーザーが増えていくと思われます。

Trueview In-Search

TrueView-In-Search_Fotor
↑オーガニック検索で上位に表示される「Trueview In-Search」

「Trueview In-Search」はYoutubeのオーガニック検索した時に、キーワードによって表示される動画広告です。広告主は動画がクリックされることで、料金が課金されます。広告主は最初に広告費を払う必要がありますが、そこでクオリティーの高い動画を提供すれば、ユーザーがYoutubeチャンネルに登録してくれます。一度あなたのチャンネルに登録してもらえれば、解除されない限りずっとあなたの動画を配信し続けることができるため、費用対効果がものすごく良いことが分かります。


Display Ads


youtube-display-ads_Fotor
↑アドワーズではお馴染みのDisplay Ads


アドワーズを使っている方はご存知だと思いますが、Youtubeでもバナー広告とポップアップ広告を使うことができます。キワードやカテゴリーでターゲットを絞ることもできます。これは僕の個人的な意見ですが、画面上に出てくるポップアップ広告はものすごく邪魔です。正直何が書いてあるかなど、ほとんど読んだ記憶がありません。海外のYoutube利用者からもポップアップ広告は邪魔だという意見が多いです。



Youtube広告の値段

1e026482

↑「テキストの次は動画で伝えるんだ!」


広告の値段はキーワードやカテゴリーによっても異なりますが、1回動画を見てもらうための値段は10円〜30円です。(おそらく日本ではもっと安いのではないでしょうか)Techcrunchの記事によれば、再生回数はユーザーが自らクッリクをして動画を見た回数に限定しているそうで、5秒間でスキップできるプッシュ型の広告は再生回数にはカウントされないそうです。



マーケティングの先進国アメリカの状況を見てみると、毎晩、家でゆっくりテレビを見るという人はどんどん少なくなってきています。

自分自身はいかがでしょうか?10年前と比べて、テレビを見る時間が増えたという人に、僕はあまり会ったことがありません。Youtube動画を見る人が増えている上に、広告を表示させるターゲットも選ぶことができる、しかもかなり安い値段で、それがYoutube広告なのです。

Youtube広告はまだまだ多くの企業が手を出せていないエリアでもあります。画質やクオリティーにこだわり、テレビレベルの動画を配信していくことで、ものすごく効率的なマーケティング手法になるのではないでしょうか。

Tumblrの創業者、David Karpさんが満足していないYoutube広告

david-karp-tumblr-hed-2013_Fotor
↑Tumblrの創業者、David Karpさん


昨日、Youtubeに関する記事を書いたら堀江貴文さんから「まだまだUIがビミョーなんだよなー。」というツイートをいただきました。Youtubeにかかる期待は大きいですが、まだまだ改善するべきポイントはいくつもあります。


スクリーンショット 2013-12-16 16_Fotor
↑堀江貴文さん:「まだまだUIがビミョーなんだよなー。」


Tumblrの創業者、David KarpさんもYoutubeの広告に疑問を投げかける人のなかの一人です。KarpさんはYoutubeやFacebookの広告はユーザーの邪魔になっており、不快な思いをさせているとしてあまり良く思っていません。彼はTechcrunchのインタビューで次のように答えています。


「なんで1%しかクッリクしない広告をあんなに表示させておく必要があるのか。もっとユーザーのためになる広告の出し方があるはずだ。Tumblrはそれを目指している。」


Youtubeは将来、テレビに取って変わる可能性があります。しかし、クオリティーの低い動画を流し、広告をかけることはユーザーを不快な思いさせるだけです。エンターテイメント性を意識し、ユーザーを楽しませる動画作成を心がけることが最終的にはあなたに大きな費用対効果をもたらすのではないでしょうか。



まとめ

Justin+Bieber+Concert+June+24+2010+mJulq6JhbMUl_Fotor

↑さぁ、「あなたのCM」を求めているユーザーのもとへ


21世紀に変わろうとする頃、ITブームの真っ只中であったアメリカでは、テレビが無くなるのでは無いかと、多くの人が騒いでいました。実際、テレビは無くなりませんでした。 しかし、歴史を振り返ると「革命」の影響は10年ほど遅れて現れることが多いのです。


Youtubeは世界で二番目に大きい検索エンジンになりました。テレビの広告収入が減っているなかで、Youtube広告はあなたがアプローチしたいターゲットに対して、テキストよりも何十倍もの影響力を持つ動画で広告で伝えることができます。

CM一本で何千万単位のお金がかかっていた時代から考えば夢のような話しですが、あなたのCMを求めている人のところへ「あなたのCM」を届けられる日がもすぐそこまで来ているのです。

SPACEBOY株式会社 Twitter