SPACEBOYブログ

オムニチャネルマーケティングについて考えるブログ

人工知能で人生をもっと楽しく スペースボーイ株式会社

1日20回もグーグルで情報を検索する世の中で、まだ電話営業をするのか?

ある調べによれば、ナレッジ・ワーカー(知識労働者)にもなると1日20回以上はグーグルで何かを検索しているようです。さらにスマートフォンなど普及により、FacebookやTwitterといったソーシャルメディアに多くの時間を使うようになっています。

ひと昔前までは、企業側や営業マンが圧倒に有利な情報を握っていたので、電話や訪問をして、ゴリゴリ営業をする必要がありましたが、今ではGoogleで検索をすれば大体のことは分かります。このような環境の変化をしっかりマーケッターは理解する必要があります。

まずはネット上で「見つけられる」ことが


立花岳志_ブログ_マーケティング
ブロガーの立花岳志さん

ナレッジ・ワーカーは1日20回以上Googleで検索して、情報を探していますが、ただホームページを作って、FacebookとTwitterを連動させれば良いというわけではありません。毎日ユーザーが必要とする情報をアップデートし続け、検索エンジン上で、ユーザーから「見つけられ」なければいけません。

「No Second Life」というブログを運営されている立花岳志さんは、ブログで食べていこうと決意した時から、朝、昼、夜と1日3回、毎日ブログをアップし続け、半年ぐらいした時にやっと少し広告収入が入り、ものすごく喜んだそうです。

企業がインターネット上で「見つけられ」て、問い合わせをもらうまで辿り着くためには、他の作業の片手間として、コンテンツを作ってアップしているようではダメです。1日何回アップするということをしっかりと「仕事」にする必要があります。

お客さんに愛されるマーケティングをしよう。


ハブスポット_オフィス
愛されるマーケティングを提供するHubspot社

 現在、企業も消費者もマーケティングや営業をされることにうんざりしています。電話営業はもちろんのこと、広告やDM などの効果はどんどん落ちています。最近あるネット会社の社長に聞いて、「はっ」と思ったことがありました。


「電話営業は一切していないんですよ。だって嫌じゃないですか、知らない人に電話するの。しかも、電話を受けた相手も全然嬉しくない。だから、誰も得をしない。だったら電話営業なんかせずに、ネットの勉強をしていた方がいいんです。お問い合わせをいただいた時に、しっかり答えられるように。」

 

確かに、9割の人は電話で営業されても嬉しくありません。DMを送っても8割、9割は開封せずにゴミ箱行きです。なのであれば、お客さんに喜ばれる情報をどんどん提供して喜んでもらい、「信頼」を得ましょう。

ダイレクトメール
ほとんどのDMはそのままゴミ箱行き

「役に立つ情報」「興味がある情報」を受け取って嫌がる人はいませんし、インターネットの最新の情報に常にアンテナを張り、アウトプットすることによって自分の勉強にもなります。

まとめ


商品やサービスを提供して、お客さんに喜んでもらう手法は、もしかすると少し時代遅れなのかもしれません。まずは商品やサービスを買ってくれる、買ってくれないは別として、客さんに喜んでもらうことから始めるべきではないでしょうか。

プライバシーポリシー

制定日:2013年8月1日 SPACEBOY株式会社

プライバシーポリシー


1.当社において個人情報を取り扱う際は、ソーシャルメディア事業、Facebookマーケティングプラットフォーム事業の管理上に必要な範囲でのみ取得し、利用・提供を行います。
また、本人から同意を得た範囲を超えて個人情報が目的外の利用・提供がされないよう管理します。
2.当社では、個人情報に関する法令、国が定める指針、その他の規範を遵守します。
3.当社では、取り扱う個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じて防止すべく、事業の実情に合致した経営資源を注入し、個人情報セキュリティ体制を継続的に向上させます。また、万一の際には速やかに是正措置を講じます。
4.当社は、個人情報の管理責任者を選任し、個人情報保護マネジメントシステムの実施および運用に関する責任と権限を与え、適切な管理を行います。
5.当社の個人情報保護マネジメントシステムは、適切な運用が実施されるよう、定期的な監査を実施、是正を行います。また、社会情勢・環境等の変化を考慮して個人情報保護の取り組みを継続的に見直し、個人情報に関する内部規定を適切に改善していきます。
6.当社では、個人情報の開示、訂正、削除、利用および提供の拒否要求、その他苦情、ご相談など、個人情報に関するお問合せについての窓口を設置し、2週間以内に対応致します。

個人情報利用の目的


当社が提供するサービスを通じて取得した個人情報は、次の目的のために利用いたします。
1.当社サービスの利用時における個人認証、各サービスの画面における氏名等の表示のため
2.各サービス上での運営者及び利用者同士のコミュニケーションを促進するため
3.メンテナンス、重要なお知らせ等のご案内のため
4.有料サービスをご利用のお客様への料金請求のため
5.サービスにおけるプレゼントキャンペーン(プレゼントの発送代行業務含む)の発送のため
6.当社サービスの改善や新サービスの開発へ役立てるため
7.個人を特定できない範囲において統計データを作成するため
8.弊社サービスにお問合せいただいたお客様に弊社サービス資料を送付するため
9.お客様からの弊社サービスに対するお問合せに対してお電話にて回答させていただくため
10.その他、各サービスの提供にあたり利用目的を公表の上、同意をいただいた内容のため

個人情報利用の制限


当社では、あらかじめ本人の同意を得ず、利用目的の範囲外で個人情報を取り扱うことはありません。ただし、次の場合はこの限りではありません。
1.法令に基づく場合
2.人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
3.公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
4.国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

情報の収集について


当社では、サービスの提供に当たり、主に以下のようなお客様に関する情報を取得します。
1.Facebook等のSNS上で運営しているサービスを通じて得られる個人情報
2.サービスの利用に関して取得される情報
3.サービスへのアクセス時に機械的に取得される情報
お客様に関する情報の削除のご請求につきましては、保有データの性質上、削除対応できないことがあります。この場合、保有データの利用停止をすることで対応いたします。

Cookie(クッキー)の利用


当社が提供するサービスでは、お客様により便利にお使いいただけるようCookie(クッキー)を使用することがあります。
Cookieを使用するかどうかはお客様が利用されているブラウザの設定で変更可能ですが、使用を禁止した場合サービスを正常にご利用できなくなる可能性があります。

プライバシーポリシーの改訂について


当社は、プライバシーポリシーの一部またはすべてを改訂することがあります。重要な変更がある場合にはサイト上でお知らせいたします。

<個人情報に関する相談窓口>


当社のプライバシーポリシーに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
SPACEBOY株式会社個人情報取り扱い担当者
住所:〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山1403
Tel:03-5428-4665
Mail:info@spaceboy.jp

会社概要

会社名
スペースボーイ株式会社(英文表記:SPACEBOY, Inc.)

コーポレートサイト
http://spaceboy.co.jp

代表取締役
渡久地択(Taku Toguchi)
takutoguchi.com



所在地
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-6-18
第4矢木ビル5F

Tel
03-5468-5040

mail
cs@spaceboy.jp

事業内容
人工知能事業